FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › Category - 乳がん
2017-02-21 (Tue)

術後4年目検診

術後4年目検診

 今日は術後4年目の検診日。11時半の予約時間に合わせ家を出たところ、フロントガラスに雨がぽつぽつ。そういえば、昨夜、娘夫婦と夕飯を一緒に食べてたときにポケモンgoのヒノアラシの巣の話になって、早速おとーさんが獲りに行ってくるようなことを言ったら、明日は雨だよ、なんて言われてたような。 検診で乳がん発覚に専門医を受診した日が雨。最初の手術で入院した日が雨。結婚式の日が雨。娘を産んだ日、娘がその娘(私に...

… 続きを読む


 今日は術後4年目の検診日。
11時半の予約時間に合わせ家を出たところ、フロントガラスに雨がぽつぽつ。
そういえば、昨夜、娘夫婦と夕飯を一緒に食べてたときにポケモンgoのヒノアラシの巣の話になって、早速おとーさんが獲りに行ってくるようなことを言ったら、明日は雨だよ、なんて言われてたような。

 検診で乳がん発覚に専門医を受診した日が雨。
最初の手術で入院した日が雨。
結婚式の日が雨。
娘を産んだ日、娘がその娘(私にとっての孫)を産んだ日、どれもみんな土砂降りの大雨だったなんてことを思いながら、病院へ向かう。
特別、雨女というわけでもないのにね。

 IMG_2131.jpg

 病院の待合ロビーでは今年もこんなふうに立派なお雛様が飾られてました。

 季節に合わせてボランティアさんがしてくれる飾りつけ、私はこいのぼりが一番好き。
吹き抜けの空間に張られる大きなこいのぼりがとても気持ちがよくて。
残念なことに去年も今年も受診予約日は端午の節句を過ぎていて、今後ももう見る機会はないのかもしれないけど。

 いつものとおり、触診から始まった診察。
着ているものを脱いでたら、カーテンの向こうから
「お薬がかわって何か気になることありませんか?」
と主治医に問われ、
問診票に低体温のこと書いたの、見てくれてないのかな、
なんて思ったところで、
「秋からお薬がかわりましたよね!、何か変わったこととか気になることありませんか?!」
と今度は強い口調の大きな声。

 先生様、あの、
こっちが聞いてんだよ、とっとと答えろよ!、待たせんじゃねーよ!、聞こえねーのかよ!、
という心の声が聞こえてきそうです。。(^^ゞ

「えと、最近、たまにですが、低体温になることがあって」
「そう、どんな感じになりますか」
「なんか、頭がボーっとするというか、気持ちが悪かったり、熱がある時みたいな」

 先生様の返答では、体温変動とアリミデックスは関係なさそう?
でも、地域連携診療の先生は、アリミデックスの方がタスオミンに比べて更年期症状的副作用がキビシイと思う、とおっしゃられ。

 特に異常のなかったらしい触診の後、電子カルテで過去チェックされたのか、
「甲状腺のチラーチンを飲んでますよね?」
「いえ、今は飲んでないです」
「もう飲まなくていい、って言われたの?」
「いえ、その…」

 だって、薬をいろいろ飲むの嫌だし(実際、自分では症状的にわからなくて)。
という心中は顔色で察したのか、
「甲状腺の先生をちゃんと受診してくださいね! 低体温はそのせいかもしれないし!
ちゃんと診てもらってください!」
「はいっ、行ってきます!」

「地域連携診療先生にも相談してください。
低体温や甲状腺治療のお薬を以前に飲んでいたことも話して、薬はそれでまた考えてもらって」

あれ、薬の指示は主治医先生様が出されているのではなかったの?

「クリニック先生のところには金曜日に行ってきます」
「じゃあ、すぐにお手紙書くから持って行って。薬はそこで判断してもらってください」
骨密度は問題なしとのことで次回受診予約して終了。

 問診票に、月曜日受診希望、と書いといたのは見てくれてあったらしい。
というか、低体温のこともおそらくちゃんと見てたんだろうけど、この先生、なんというか、これまでの様子からすると、なんていうか、表現があっているのかわからないが、なんとなくあまのじゃく風?というか。

「私が聞いてること以外は話すんじゃねーよ」
「余計なこと聞くなー!」
「しょーもないこと言ってんじゃねー!」
「黙って聞いとけー!」
みたいな感じなんだけど、報告は自らちゃんとしろよ、みたいな?

 まぁ、こんな調子で怒涛(笑)の4年目検診は無事終わりますた。
渡された血液検査の結果票を見れば白血球がやっぱり低かったけど特に触れられず、基準値内で主治医先生様的には問題ないらしい。
私、十分、元気だしね。

 去年もそうだったけど、次はお盆。真冬の次は真夏。
それもまた、あっという間に来るんだろうな。
来年の今頃は術後5年目。そこで薬も終われたらいいと思う。


IMG_2134.jpg

 帰ったら届いていた、「あきない世傳 金と銀」の最新作
すごく楽しみにしていたのに、いつもは来るアマゾンの紹介メールが来てなくて。
そろそろ発売だよな、と思って検索かけたらすでに14日に出てたなんて、急いで注文。
この本もそうだけど、同じ作者の高田郁さんが書かれた「みをつくし料理帖」シリーズも私がキモノを着たいと思った所以。
すごくすごくすごく面白い本達なのであります!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪ にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
Re: こんばんわ * by ahirutouban
みるくさん、こんばんは~!
そうなんです、お医者さんによって言うこと違うのがちょっと、ね。(^^ゞ
自分の場合、主治医先生様とコミュニケーションをとるのが難しいのはもうしようがないんで、連携診療の先生や形成外科の先生、甲状腺の先生頼り、という感じです。
ただ、甲状腺については自分でもよくわからなくて。(^^ゞ
もともと、首のところが腫れているのでは?、と看護師の叔母に言われたことで受診したんで他に症状が思い当たらず(自分にはわからない)、それでも薬は10年以上飲んでたんですけど。
来週あたり、また行ってみようかと思っています。

こんばんわ * by みるく
検診お疲れさまでした。 地域医療のドクターと主治医の言うことが違うと悩みますよね~ 私は自分の身体に聞いて よし と思う方を信じることにしています (^_-)-☆ 
甲状腺もやっかいですよね~ 私は今のところ海藻がNGなので
十六茶とか飲めませんが 薬は飲んでないので まっいっか って感じです。ぼちぼち身体と折り合いをつけて付き合っていこうと思っています。 (^^)v 

2017-02-15 (Wed)

あと一年で

あと一年で

 知り合いからの電話で目が覚めた今朝。朝、と言っても9時半すぎですが。(;´▽`A``「まだ渡してなかった書類を今から持ってくから」なんていきなし言われ、大急ぎでパジャマを着替え。そこから我が家に着くまでに10分ほどかかるのが幸い、寝ぐせでぼさぼさの頭にミストとブラシ、顔には大きなマスクして。  いくらも経たないうちに先方到着、間に合ってよかったよ。 だけど、そんなして慌ててたら、いつもは覚醒する頭がいつ...

… 続きを読む


 知り合いからの電話で目が覚めた今朝。
朝、と言っても9時半すぎですが。(;´▽`A``
「まだ渡してなかった書類を今から持ってくから」
なんていきなし言われ、大急ぎでパジャマを着替え。
そこから我が家に着くまでに10分ほどかかるのが幸い、寝ぐせでぼさぼさの頭にミストとブラシ、顔には大きなマスクして。
 
 いくらも経たないうちに先方到着、間に合ってよかったよ。

 だけど、そんなして慌ててたら、いつもは覚醒する頭がいつまでたってもぼー。
体が妙に重いし寒いし、熱でもあるんだろうか?、と体温測れば35.5度。

 いまどき低体温なんて珍しくないだろうし、その程度ではたいしたことはないのかもしれない。
でも、私にしたらやっぱりちょっと大変なんだよね…。
この間のことがあってからずっとカイロを使うようにしてます。

 そういえば、先日、お風呂に入っててびっくりしたこと。
ふと見た右足のすねに真っ黒な太い毛が数本。
それも男の人みたいに伸びていて、
えーっ、いつの間に?、ってか、いつから?!
左足にも2,3本あったから急いで抜いた。普段はさして目をやることもなかったんで全く気づかなくて。
めったにスカートを履くことはないにせよ、履いたところでタイツの季節だからほんと、よかったと思う。

 しかし、そのどっちもそれまでになかったことで、思い浮かぶのはやっぱりアリミデックスの副作用?
とはいえ、年齢的なこともあるし、どうなんかな?

 先週は術後4年目のマンモグラフィーと骨密度の検査があり、結果は来週聞きに行ってくる。
地域診療の先生が心配してた白血球の減少は、風邪をひくこともないし、特に何かあるでもなかったから一時的なものだったのかも。

 足のことはともかく、主治医には低体温のことだけでも聞いてみたいけど、やたらのことを言うと怒られるからな、聞きにくい。
問診票にでも書いとくか。見てくれるかわからないけど。

 痛かったマンモの検査は次は来年、じきに受けなくてはならない子宮頸がんの検査もその次は来年、それでどっちも終われるかな。
終われるといいけど。

 だけど、あと一年でもう術後5年だなんて。
なんだか、気づいたらそれだけの時間が流れてました、という感じ。
わかってたはずなのにね。


IMG_2059.jpg
先日のキモノランチ会でいただいたお菓子 もう食べちゃったけど(笑)

IMG_2057.jpg
ちょこちょこ買ってきて食べてる森永のガトーショコラ
大好きなのであります



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
Re: タイトルなし * by ahirutouban
みるくさん、こんばんは。
子宮頸がんの検査、ほんと、いやです。。
痛いしアノ恰好、いやじゃいやじゃ。。
あと一年でとりあえず5年経過、その後、どうなんだろう…。
来週の受診どうかな。
いつも、大丈夫、とタカをくくってますが。

って、みるくさんも同じ病気なんでしょうか?
それとも婦人科系統の別の?
医学の進歩にマジ期待ですね。

* by みるく
子宮頸がんの検査。。。私も4月にあります あ~嫌だなあ
いつになったら無罪放免になるのだろう。。。
医学も日々進歩しているからそのうち風邪薬を飲むように
治るんじゃないかと思ったりもしています~  

2016-12-01 (Thu)

アリミデックスの副作用?

アリミデックスの副作用?

 ループ橋みたいなところを走り抜けてきて、どこかに向かうのに車から降りて歩き始めたところ。だんだんうまく歩けなくなってきて、変に転んでしまったらなかなか立ち上がることができない。どこも痛くもないのに、力が入らず、足が動かない。なんでなんで?当たり前に歩くことができないなんて。 これって最近見た夢の話。でも、まぁ、こんなふうに思ったように動けない夢はたまに見る。一生懸命走ってるのにわずかにしか動けて...

… 続きを読む


 ループ橋みたいなところを走り抜けてきて、どこかに向かうのに車から降りて歩き始めたところ。
だんだんうまく歩けなくなってきて、変に転んでしまったらなかなか立ち上がることができない。
どこも痛くもないのに、力が入らず、足が動かない。
なんでなんで?
当たり前に歩くことができないなんて。

 これって最近見た夢の話。
でも、まぁ、こんなふうに思ったように動けない夢はたまに見る。
一生懸命走ってるのにわずかにしか動けていないとか、いくらアクセルふかしても車が全然進まないとか。
キモノの着付けもそうだけど、どうにもトロすぎて、思うように事を進められないことの焦りがこんなふうな夢になってるのかな。

 日曜日、仕事していてなにかにつっかかって軽く転んでしまった。
転んだと言っても、あれ?、ってな感じで力が抜けたみたいな感じで、どこかにぶつけたわけでもなんでもなくて、なんとなく、しゃがみこんだような感じだったから、周りの人も気づかないくらいに普通に立ち上がれたんだけど。
自分でもよくわからない感覚だったけど、このところの肩や首筋、足が痛むのも、もちろん運動不足ってこともあるんだけど、もしかして、アリミデックスの副作用なのかなぁ?

 そういえば、そのアリミデックス。
飲んでひと月経って次の分をもらいに行ったら診察室に呼ばれて。
「前回の血液検査で白血球が急減してるから、再検査しましょう。このまま減ってくようだと大変なことなんで」
ということでまた採血。
 後日、結果を聞きに行くと、
とりあえずは持ち直してるようだから今回は三か月分だしておきますが、主治医先生にお手紙を書いておくので、そちらでも検査してもらって先生に判断してもらってください、とのこと。

 検査結果の用紙を見てみたら、飲んでひと月後に測ってたのが基準値の下限値よりもだいぶ?低く、今回のが下限値ちょうどで飲む前に検査したのがその上限値だったから確かに大きな増減。

 そんなことがあったんで、髪が抜ける量が増えてる気がすることと女性ホルモンの入った養毛剤を使ってもいいか、聞くのを忘れてしまった。

 今日は職場でコラーゲンゼリーが半額だったんで、担当のナオちゃんにすかさず「買うよ!」って言ったら喜んでもらえたのに、よく見たら「プラセンタ入り」とか書いてあって「ごめんね」。

 乳腺外科の受診は3か月後。
術後5年後の検診はその一年後。それで一区切りつけるといいなぁ。

IMG_1814.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-11-16 (Wed)

タモキシフェンからアリミデックスへ 2

タモキシフェンからアリミデックスへ 2

 11月に入り、早や一週間が過ぎてしまった。。うわぁ!!前回の記事からすでに二週間が経ってしまった。。どひーっ!!てな調子で記事を書き始めた先週。件の展示会でまたしてもキモノを買ってしまったその顛末をつらつら書き始めたはいいものの、二時間を過ぎてもまだ終われない。で、いつもの通り、そのうち疲れて下書きに入れたまま、もうまた一週間が過ぎてしまった。。なんか、やたら長くなってしまうのは余計なことばっか書...

… 続きを読む



 11月に入り、早や一週間が過ぎてしまった。。うわぁ!!
前回の記事からすでに二週間が経ってしまった。。どひーっ!!


てな調子で記事を書き始めた先週。
件の展示会でまたしてもキモノを買ってしまったその顛末をつらつら書き始めたはいいものの、二時間を過ぎてもまだ終われない。
で、いつもの通り、そのうち疲れて下書きに入れたまま、もうまた一週間が過ぎてしまった。。
なんか、やたら長くなってしまうのは余計なことばっか書き過ぎるのかなぁ?
それとも、単純に根性と集中力がないのか。
IMEの文字変換がアホみたいにおかしくてイライラしてしまうというのもあるけど。
ATOKがほしいなぁ…、うーん…。
まぁ、いいや。
そのうち、気が向いたらまた続けよう。

 8月に乳腺外科の主治医から変更指示のあった乳がんの薬。
9月半ばだったか、タモキシフェンの残りが一週間分くらいになったところで薬をもらいに婦人科を受診(乳腺外科はがん専門病院で診てもらっているが、薬は近くのクリニックでもらうことになっている)。
先生に
「薬の副作用のことは聞いていますか?」と聞かれ、
説明された内容を粗方、冊子をもらって付属のDVDを観ながら簡単なストレッチをするように言われたことや、
「急に体が熱くなるのがいやだと言ったら、それはタモキシフェンの時よりはラクになります、と言われた」
てなことを話すとびっくりマーク顔で
「今度のアリミデックスは女性ホルモンを根絶やしにしてしまうからキツイ人が多いみたいで、そういう人は本当にツラくて大変だって言ってるんですよね」。
 
 その先生からはそんな話は前にも聞いていて、閉経になったとはいえ薬の変更には微妙なさじ加減が必要で、それはおそらく乳腺外科の先生にはわからない、婦人科の医者に共通した感覚的なもの、というようなことだった。

「指示では三か月分の投薬になってるけど、どうしましょう? まずはひと月分にして様子を見てみます? それで大変なようだったらまたそこで考えることにしたらどうかと思うけど」
大変だったらタモキシフェンに戻すこともあるのかなぁ?、それとも何か併用薬があるんだろうかと思いながら、勧められたとおりにいただいたひと月分の三週間を過ぎたあたり、特に変化がなさそうだったんで再度婦人科受診。
血液検査で異常がないようだったらこの次は三か月分にしましょう、と採血してまたひと月分もらって帰ってきた。

 薬がかわったことでたまに手にこわばりを感じるほかは何か感じていることはないとはいえ、薬のせいかどうかはわからないけれど、このところ髪が抜ける量が多くなったような気がしてしならない。
っても、秋だし、単純に時季的なこともあるのかなぁ?
 髪を洗う前に頭皮をマッサージしたりしてる段階でけっこう抜けるのに、洗ってる時にまた抜けて、普段も指で髪を梳けばまた抜ける。
その量に大丈夫なのか不安にもなるけど、化学療法を受けてるわけでないし、ネットでざざっと検索してみたところ、確かに副作用に脱毛も入ってるものの、サイトによってはタモキシフェン5%、アリミデックス1%というところもあったり。
まぁ、髪が抜けやすくなってる気がするとはいえ、美容院では何も言われてないし、たまに左右の生え際にドキッとしても髪型にちょっと気を使えばそれほどでもないような気も。
ヘアトニックでも使ってみようかと、以前に「言葉ゆうえんち~」の麻花さんが「カミノ21」がいいと言われてたんで職場で注文しようとしたら会社に在庫としてはないらしく、「20個(だっけな?)以上で取り寄せ可」てな回答がきた。
さすがに20個なんて買えるものでなし、うーん、送料かかってもアマゾンででも取り寄せるしかないんかな。
それか、まずは職場にある、ほかのカミノモト製品で試してみるか。
だけど、それらにはどれもパッケージに「女性ホルモン使用」って書いてあるんだよね。
女性ホルモン根絶やしの薬を飲んでる人が女性ホルモン使用のトニックを使ってもいいんだろうか?
今度の受診の時に先生に使用の可否を聞いてみなくては。

IMG_1749.jpg

小指の先ほどの小さな錠剤に女性ホルモンを根絶やしにするほどの威力があるなんて…ね…




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪ にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-09-15 (Thu)

見舞い

見舞い

 先週初め、胸の再建手術で入院してた際に同室だったヤマノさんから「検査で来たら結果が悪く、二週間ほど放射線治療で入院になってしまった」といったメールが来た。当時、乳がんのステージⅢて言ってたか、初めて受診したときにはすでに右胸にできたがんがかなりに大きくなってしまっていたそうで、薬で小さくしたところで全摘、インプラントで同時再建した彼女とは一週間くらい同じ部屋で過ごした。娘と私とちょうど間の歳の彼...

… 続きを読む


 先週初め、胸の再建手術で入院してた際に同室だったヤマノさんから
「検査で来たら結果が悪く、二週間ほど放射線治療で入院になってしまった」
といったメールが来た。
当時、乳がんのステージⅢて言ってたか、初めて受診したときにはすでに右胸にできたがんがかなりに大きくなってしまっていたそうで、薬で小さくしたところで全摘、インプラントで同時再建した彼女とは一週間くらい同じ部屋で過ごした。
娘と私とちょうど間の歳の彼女に最後に会ったのはいつだっけ?
退院後も何度かメールのやりとりしていて、診察が重なった際には院内で一緒にご飯を食べたり。
パート採用で仕事の内容が大変なのに給料が安いから辞めたいんだけど、健保の処遇がいいし、病気を抱えては新しい仕事にも就けないし。
誰かいい人いたら結婚したい、ってよく言ってた。

 その後、骨に転移してしまったんで抗がん剤治療でまた髪が抜けて、ということも聞いていただけに、今回の入院がどういったものであるのか思うと返信内容に迷う。
なんて言ったらいいのか、その心境を思えばなお言葉に詰まり、無難なところで病室のこととか返しながら、しばらく会ってないし、入院してた時は「ヒマでヒマで」というのが口癖で院内をよく探索してたヤマノさんだもの、とお見舞いに行ってみることにした。

 病院に向かいながら、下のコンビニで一緒にハロハロでもいただきましょうか、なんて思いつつも状況がわからないし、何か飲み物でも買って行った方がいいのかも、と立ち寄ったショッピングモールでコラーゲン飲料を何本か購入した。

 聞いていた病室はこれまでの女性病棟とは別の階で、電気がついてなかったのかな、ベッドの間にカーテンが引かれてたせいか少し薄暗く。
二人部屋の奥?手前?どっちかしら?、と思いながら、
「こんにちは」のぞきこんだらドア側のベッドの人と目が合った。

 なんか、すいません、遠くなのに来てもらっちゃってすいません、としきりに恐縮しているヤマノさんは薬のせいか、肌が少し日に焼けたみたいな感じ。
「髪もやっと伸びてこのぐらいにはなったんですけど、上の方が薄くて」
「でも、こんなに伸びたんだね、すごい、よかったね!」
「だけど、髪が全体にうまく生えて伸びてくわけじゃなくて、所々で違うんですよね」
デイルームに行きましょうか?、とさっさと私の前に立ち、以前のようにすたすた歩きながら、
「本当は車いす使うように言われてるんですけど、そんなの嫌だし、すぐそこまでしか行かないから、様子を窺っては(ナースステーション)歩いちゃってます」。

 化学療法は一昨年いっぱいまで続いてたこと、今回は検査の結果が悪くてその場で緊急入院になってしまったこと、首のところにも転移してるので、放射線治療が終わったら次は髪の抜けない抗がん剤治療が待ってること。
給料が安い割に仕事がきつく周囲の目がイヤだったこともあって(職場でがんだと噂されるのがたまらなかったそう)4月に仕事を辞めたんで次の仕事を、と思ってる矢先でとてもがっかりしていること、先生の話では年内いっぱいは休養してたほうがいいようだけど、無職ではいくら親元にいたところで治療費もかかるし生活が大変、といったようなことを早口で話しながら。
やっぱり、結婚してないとつらいです。こんなことになるなんて思ってなかったし。
若い頃につきあってた人はとても結婚という感じではなくて。
年金生活の親にそうそう頼れないし、でも、薬代が高くて治療費がやたらかかるところにまた入院費がいるし大変で、この先、どうなるのかと思うとすごい不安。
病院にいると若い先生とかいっぱいいて、すがりたくなっちゃって。
もう3年半くらい診てもらってる担当の先生は50くらいで独身みたいだから、面倒見てもらえないかしら、と思ってしまったりもする、と言うのを聞きながら。
切羽詰っている心境はただただ聞くことしかできない。

 今回は整形外科病棟で女性専用と言うわけでないから、トイレは別でも洗面台は男女兼用なんだそうで、そんな話をしてたら、リハビリの先生が見えるから、と看護師さんが車いすを持って呼びに来た。
リハビリの先生が病室まで指導に来てくれるんだそうで、では、自分もこれで、と帰ろうとしたら
「すみません、すぐに戻ってきますから。ここで待っててくれますか? 待っててください」
時間はかからないと思うから、と言ってたとおりに間もなく戻ってきたものの、やはり看護師さんが車いすを押してきた。
これ以上悪化させたら本当に車いす生活を送らなければならなくなり、中には足を切断せざるを得なくなる人もいる、といったようなことを言われたそう。

 涙も見せず、時に笑顔を浮かべながら淡々と話している姿からはそれほどの深刻さを感じさせないほどに気丈にふるまうヤマノさんだけれど。
その胸中たるや、いかほどのものなのか。

 でも。
年内でなんとか治療に一段落付けて、新しいところで働きたい。
ドコソコに今度、大きなお店が出来て100店舗増えるという話だから、そこで働きたいと思ってるけど、通うには遠いから一人暮らししなきゃダメかな。
そうなると家賃が大変だし、と先のことを話す姿になんだかほっとしながら。

 退院したら連絡します。しばらく家にいるし、通院の時とか、また会いましょう、って言ってくれたのになんだかこちらが救われる。
 帰り、娘のことを思った。
ここまで無事に育ってくれた娘、子供まで生んでくれて、ささやかながらも幸せに暮らしている娘。
その娘が生まれた時、母の上司が
「子ガーコちゃんは幸せの星の元に生まれた子だね」と言ってくれたことをふと思い出した。

 ヤマノさんがどうか幸せになってくれますように。
どうかどうか、放射線が効いてくれますように。
必ずや治療で我慢を重ねた甲斐がありますように。
幸せが絶対に待っていてくれますように。
 そんなふうに願いながら、自分が見舞いに行ったことが逆に彼女の負担になってないかも思わずにいられない。

IMG_1712.jpg
帰りに寄った浜公園
お天気が悪かったわりに波が静かだった



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村