FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › Category - ペット
2018-10-28 (Sun)

アイちゃん 2

アイちゃん 2

 火曜日に小鳥病院に入院したオカメのアイちゃんは昨日、様子を聞くべく病院に電話してみたら、強制給餌しても体重がいっこうに増えないのだそう。便の状態は悪くはないので、もしかしたら腎臓が悪いのかもしれず、もう少し様子を診させてください、ということだった。今日あたり退院できるかという期待がはずれたのは残念だけど、それまで元気にしてたのが、なんとなく元気ない?と思ってるうち小屋の隅でうずくまるようになりヒ...

… 続きを読む

 火曜日に小鳥病院に入院したオカメのアイちゃんは昨日、様子を聞くべく病院に電話してみたら、強制給餌しても体重がいっこうに増えないのだそう。
便の状態は悪くはないので、もしかしたら腎臓が悪いのかもしれず、もう少し様子を診させてください、ということだった。
今日あたり退院できるかという期待がはずれたのは残念だけど、それまで元気にしてたのが、なんとなく元気ない?と思ってるうち小屋の隅でうずくまるようになりヒーター入れてもかわらず。
大好きだったお米のご飯も私の朝食時は夢中でちょうだいアピールをしてたのに、受け取りはしても食べようとしなくなっちゃって。
それで慌てて病院に電話して。
週末とかぐずぐずしてないですぐに連れてってよかった。
先生が言うのに、クチバシの形状がもともと良くないとのこと。

 アイちゃんが家に来たのは10年前の5月。
ロンが死んでしまって2年、マル吉とおしまちゃんがいたところでやっぱり寂しくて、向かったペットショップにいたのがロンと一緒のルチノーの雛のアイちゃん。

 ロンの頃には、小鳥を診ます、って言っても、ネットで見て東名飛ばしたり、ほんとにあちこち歩いて、その度に高い診察代払うばかりでこちらの納得するような診方をしてくれたところはほんとにごくわずか。
それが今は小鳥専門のきちんと任せられる先生がいるのは安心。
どうか、早く元気になってほしい。なってくれますように。

IMG_0101(1).jpg
IMG_0102(1).jpg
おしま近影 カットした羽の先がちょっとボロくなっていますが、
今はホワイトフェイスのこの方が一番元気、14歳

IMG_0103(1).jpg
最古参(と言ってもおしまと1週間?10日?くらいしかかわらない)の
ノーマルオカメのマル吉14歳
アイちゃんとマル吉はとにかくビビりなのでカメラ向けただけでも逃走
それでなくともヘボカメラマンが写真を撮るのはけっこう難しかったりします(^^ゞ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記ランキング

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
2018-10-24 (Wed)

アイちゃんと小鳥病院

アイちゃんと小鳥病院

 先月から卵を産み始めてから元気のなかったオカメのアイちゃんを小鳥病院に連れて行くのに、当初、日中うちで預かっている娘の子を一緒に連れて行くつもりでいたのだけど、昨日からの鼻水で今朝、娘が医者に診せてから家に連れてきたこともあって、私の留守中はおとーさんが見てくれることになって助かった。 前に「私は犬の面倒は見ますけど、鳥のことは知りませんよ」と言われてたこともあり、今日のことも言い出しにくくて、...

… 続きを読む


 先月から卵を産み始めてから元気のなかったオカメのアイちゃんを小鳥病院に連れて行くのに、当初、日中うちで預かっている娘の子を一緒に連れて行くつもりでいたのだけど、昨日からの鼻水で今朝、娘が医者に診せてから家に連れてきたこともあって、私の留守中はおとーさんが見てくれることになって助かった。

 前に
「私は犬の面倒は見ますけど、鳥のことは知りませんよ」
と言われてたこともあり、今日のことも言い出しにくくて、道中飽きちゃうだろうけど連れてくしかないか、と思ってたのが、孫が風邪をひいてしまったことで
「調子悪いのに車で往復二時間も連れて行けないし」
と話すとその面倒を当たり前に引き受けてくれ、病院から帰ってきたらお昼にうどんを作ってちょうど食べさせてくれてたところ。
感謝。私の分もあったしね。

 肝心のアイちゃんは昨夜はそれまでよりちょっと元気が出た感じ、もしかして病院に相談するの少し早まっちゃったかな、なんて気もしなくはなかったけど、手に乗せるとやっぱり軽くて頼りない。

 病院に着いて様子を聞かれながら、
「体重は何グラムですか?」
「それはいつ計ったの?」
「普段はどのくらい?」
なんてな具体的な質問にスムーズに答えられず、しまいに
「ひとみちゃんもそうだけど、それでちゃんと可愛がってるって言えるんですか?!」
「このコ達は普段の体重が大きな目安になるんですから、ちゃんと毎日計ってください!」
平均体重もわからないのに、個体差があるんだからどのくらいだったらいいとか言えないですよ!
5g違ったって大変なことなのに!、とカツをくらい。
 
 驚くべきことにアイちゃんの体重は75g程度しかなく、嗉嚢もぺちゃんこでちゃんと食べていない、消化吸収されていないのではないかとのこと。
確かに見てると朝と晩はかなりの時間をかけて食事してるようではあるけど、そのわりにその後に抱いても以前みたいなどっしり感がない。
「卵を産んでることでおそらく卵管に黴菌がはいったかなにか、炎症を起こしてるんだと思います」
「脱水症状も起こしてるんで、薬と食事の補助が必要になりますが、そのまま入院するか、家で薬や強制給餌しながら面倒見てくか、どうしますか?」
 一泊2,500円の入院費、それが何日かかるかわからないのは痛いけど、そうも言ってはおられないし、家で見るのはある程度体力がついてからにした方がいいだろうし、とそのまま預けて帰ってきた。
ルチノーオカメのアイちゃんには先代のロンのイメージも重なって、とにかく元気で過ごさせたい。

 小鳥の女医先生は若い頃はおそらく女優の満島ひかりみたいに可愛らしい顔立ちしてたんじゃないかと思うけど、ちょっとお天気屋さんなところもあったり、ヒト科にはなかなかに辛辣で厳しい。
でも、その分、小動物に対しての愛情は十二分に感じられ、これまでの対応からも信頼できる。
金曜日か土曜日に電話で様子を聞く予定ですが、早くよくなってほしいと願う。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記ランキング

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
Re: No title * by ahirutouban
みるくさん、こちらにもコメありがとうです~!

おとーさん、毎朝、掃除機かけてくれるので
あ、ゴミ出しも。
会話少ないけど、それも助かっています。(^^ゞ

小鳥にも保険あるのかな?
見たことあるような、ないような?(・・∂)
小鳥さんもいろいろあるようで
卵詰まっちゃったり、癲癇があったり。
人間ももちろんそうですが、やっぱ、健康第一!ですね!

No title * by みるく
おとーさん!! 素晴らしいですね。 

しかし、鳥さんにもいろいろあるんですね
最近はペット保険ってあるけど鳥さんのもあるのかしら? 
動物病院ってけっこう高いよ~
もちろん命には代えられませんが

2018-10-23 (Tue)

アイちゃん

アイちゃん

  今もそうだけど、昨夜も寒くてひざ掛け毛布を離せなかったというのに昼間は暑くて車内はエアコンつけてたほど。そのせいか、孫は鼻水たらし、オカメさんは今度はアイちゃんの調子があまりよくない感じ。 女のコのアイちゃんは先月から2週間おきくらいかな、続けて4個ほど卵を産んでおそらくその疲れもあるのだろうと思うけど、それにしても元気がなくて。先週からこちらもヒーターを入れてみたものの、あまりかわらない様子。...

… 続きを読む

 
 今もそうだけど、昨夜も寒くてひざ掛け毛布を離せなかったというのに昼間は暑くて車内はエアコンつけてたほど。
そのせいか、孫は鼻水たらし、オカメさんは今度はアイちゃんの調子があまりよくない感じ。

 女のコのアイちゃんは先月から2週間おきくらいかな、続けて4個ほど卵を産んでおそらくその疲れもあるのだろうと思うけど、それにしても元気がなくて。
先週からこちらもヒーターを入れてみたものの、あまりかわらない様子。
ここんとこ、なんとなく体も軽くなってるみたいな気がして試しに体重を量ってみたら80gあたりだなんて。
くちばしの色もよくないような気もするし、金曜か土曜日に診てもらうつもりではいたものの、今日あたり、完全に小屋の隅で小さくなってるのに小鳥病院に電話すると明日は昼前なら大丈夫とのことで、それで時間をとってもらった。

 小鳥さん達もひとみは連れてきたときから健康とは言えなかったにせよ、他のコ達は特に病気をすることもなくここまで来て。
きっとそれなり調子の悪い時もあるんじゃないかと思うけど、本能でめったやたらそれも見せられないこともあったんだろうな、自然の中では弱みを見せたらやられてしまうから。

 それでもアイちゃんは昼間、小松菜をついばんだり、塩土をかじったのもよかったのか、朝に比べたらちょっとはよくなってるみたいでほっとする。

 ひとみの状態はまずまず、とりあえずそれなり安定はしてるけど、その時が来るとしたら出来れば本人が眠っている時に、ひとみ自身が気づかないくらい静かにそっと訪れてほしい。

720.jpg
アイちゃん 5年くらい前に撮ったの(^^ゞ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記ランキング

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
2018-10-17 (Wed)

ひとみのこと 3

ひとみのこと 3

 先週末の土曜日はオカメインコのひとみを獣医さんに預けに行ってきた。また改めて書きますが、翌日の日曜から一泊二日で長野へ家族旅行。他のオカメさんたちはご飯やお水を余分においといてやれば、夏場以外は一泊程度ならそんなに心配することもないのだけれど、病鳥のひとみにはとても難しいことで。 小鳥病院へは片道一時間弱の道のり、それがきちんと整備に舗装された道路であっても揺れは抑えられないから、飼育ケースの中...

… 続きを読む


 先週末の土曜日はオカメインコのひとみを獣医さんに預けに行ってきた。
また改めて書きますが、翌日の日曜から一泊二日で長野へ家族旅行。
他のオカメさんたちはご飯やお水を余分においといてやれば、夏場以外は一泊程度ならそんなに心配することもないのだけれど、病鳥のひとみにはとても難しいことで。

 小鳥病院へは片道一時間弱の道のり、それがきちんと整備に舗装された道路であっても揺れは抑えられないから、飼育ケースの中に小さなダンボールを入れ、そこへひとみを入れてなるべく衝撃がないように周りも囲って移動。
車を走らせてる間、以前のひとみだったらどうにかそこから出てなんとか私の方に来ようとするのだけど、今回はそれも最初だけ。
大丈夫だよ、ここにいるからね、と運転に余裕があるときは合間に手を入れて撫でてやりながら向かう。

 病院に着くと、ちょうど前の番の若いご夫婦に連れられた黄色のセキセイインコかな、診察室に入ったところで、中から
羽の裏に脂肪の塊が出来るとなかなかとれないからそれだけは気をつけるように、
というような先生の声が聞こえてくる。
ひとみが最初にここに来た時は常に発情期の状態、脂肪の塊はすでに完全なこぶのようになっていて、
なるべくこれ以上大きくさせたくないですね、なんて言われてたことを思い出す。
ホルモンを抑える薬もあるにはあるけど、あまり効果は期待できないんで、
とさして勧められることもなかったっけ。

 健康診断程度だったのか、セキセイさんは間もなく帰って行き、ひとみの番。
「どうですか、その後」
「ちょっともう、だいぶキビシイ感じで。先週の火曜日は下血しちゃって。生理の時に出るレバーみたいなのの細かいのが出てきちゃって」
一瞬、先生はとても驚いた表情。
「くちばしの色もよくないですしね、うーん…」
ささっと全体を確認、体重を測ったら90g台だなんて。これまでずっとおデブで110g以上はあったのに。
病院に着く寸前にしたウンチを見せると、
こっちの状態はそんなに悪くない感じですね、
と言われて少しほっとした。

 ひとみの状態がよくないことは自分が一番承知してるつもりなものの、それを言葉にするとなおひどい気がしてきて泣きそうになる。
持ち物と緊急連絡先等々の確認、食事がとれない時は強制給餌します、お迎えは火曜の午後で依頼。一泊1,500円とのこと。
薬もそろそろなくなるところだったので、お迎え時にそちらも頼んで
「それじゃあ、ひとみ、待っててね。お迎えくるまでお利口にしててね」と病院を後にした。

 そして今日、予定通りお迎えに。
一度だけ強制給餌したそうで、前に
「このコに強制でご飯やるのはちょっと大変。すごく頑固だし、他のコにやるのと違って難しくて」
とその様子を聞きながら、自分で食事がとれなくなった完全介護状態のお年寄りと一緒なんだ、って思ったから、よっぽどだったんだろうと思う。

 預けられてたことのストレス、車での移動も負担だったのか、帰ってきたらなんだかずいぶん疲れてしまった様子でぐったり。
 これまで二日に一遍とか、ウンチが出ない時に飲ませてた薬も、
「これからはその様子で毎日か一日おきにしてください」
常に尻もち状態だし痩せて骨が出てきてるんで、じきに褥瘡が出来てくると思う、とのこと。
その時は絆創膏はったりするそうで、お尻を拭かれるのも嫌がるひとみがそういうことのストレスに耐えられるんだろうか?
その処置を先生に相談するにも、ケースや箱に入れたところで車での移動もなおいっそう負担が大きいだろうし…。
 今日はほかに患者さんがいないこともあってか、先生が外まで見送りに出てきてくれました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記ランキング

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
みるくさん * by ahirutouban
ありがとうございます。
前からそうなんだけど、ひとみは小屋から出してやっても自分の側から離れなくて
ちょっと離しても不自由な身体で一生懸命寄ってくるんです。
で、着ているものをつついて抱っこをせがむの。
あとどのくらい一緒にいられるのか、年内かなぁ、なんて思うけど
あれだけ厳しかった夏も頑張って乗り越えてくれたし…
できるだけ穏やかに過ごさせてやりたいです。

No title * by みるく
命に限りがあるとわかっていていも 泣きそうになりますね。 

鳥さんって私が子供の頃にセキセイインコを飼ったことしかないのですが
こんなふうに懐いてこられたらもう、抱きしめたくなりますね。 

とにかくなるべくひとみちゃんが辛い思いをしませんように。。。

2017-11-16 (Thu)

ヒトミのこと 2

ヒトミのこと 2

 昨日、ファンヒーターを出した。いつもの年だと10月下旬あたりはすでに出してるような気がするのだけど、今年は一体に暖かいのか、自分一人が寒くないのかわかりませぬが、孫を連れてやってくる娘にこの家、寒いよ、と言われてようやく出した感じ。薬のせいか年齢的なものなのかわからないが、とにかく夏がやたら暑くて仕方なかったのが未だに続いてる?っても、寒くなればなったで今度は低体温になったりするしね。そういうのっ...

… 続きを読む


 昨日、ファンヒーターを出した。
いつもの年だと10月下旬あたりはすでに出してるような気がするのだけど、今年は一体に暖かいのか、自分一人が寒くないのかわかりませぬが、孫を連れてやってくる娘に
この家、寒いよ、
と言われてようやく出した感じ。
薬のせいか年齢的なものなのかわからないが、とにかく夏がやたら暑くて仕方なかったのが未だに続いてる?
っても、寒くなればなったで今度は低体温になったりするしね。
そういうのっていつまで続くんだろ?

 とはいえ、小鳥さんたちが寒いのはよくないので、温かい日中以外の小鳥ハウスはヒーターをつけたままだし、飼育ケース住まいのヒトミに至っては昼夜お天気に関係なく常に壁暖房と床暖房で温室状態。

 一時は難しかったヒトミの状態も今はだいぶ安定していて、元気なコ達以上にご飯は食べるし、薬水もしっかり飲んでる日々だけど、心配なのが排泄で、とにかく、出る、出してくれる、ということに一喜一憂。
ここんとこ、ようやくこちらが手伝わなくても自分でできるようになったのはいいけれど、それでも一日一回が平均という状況なので、特大のソレが出るとほっとして、それからしばらくは安心なものの、時間が経つにつれだんだん心配になってきて、何回もケースを覗いては
ヒトミ、どう?、出た?
なんて、ね。(^_^;)
 現在、おしっことウンtを一度にしてる状態なので、私達にしたところで便秘が苦しいのはもちろんですが、尿毒症が怖くて獣医さんからは二日間出なかったら連れてくるように言われてる。

 そんなこんなの毎日、一昨日は珍しく3回出たのに、よかったね~~、これからもっとよくなるね~~、なんて大喜びしてたら昨日は全く出なくて、今日もなかなかしてくれないので、どうしようかと思ってたら、夜になってようやく出たんでほっとした。

 ヒトミの飼育ケース生活はいつまで続くのかわからないけれど、自分としてはすぐそこにあるケースに手を入れてはなでたりなんだり、その様子をすぐに把握できて立たせたりはばたかさせたりのリハビリも手伝えるのが非常にいい。
だけど、他のコ達との距離がどんどん開いて今日も一羽を寄せてやっただけで逃げまくっちゃって。
これから先、どうなってくのやら。

IMG_0201 (編集済み) IMG_0202.jpg
リハビリ中のヒトミ バランスを崩してひっくり返っても自分でくちばしで支えて起き上がる

IMG_0200.jpg
疲れちゃった、でも、頑張ってるよ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記ランキング

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
* by ahirutouban
みるくさん、ありがとうございます~!
ちょっとドッキリ画像?(笑)ですが、両足が全く動かなくなってしまったヒトミなので、よろけてひっくり返るだけでも大進歩というわけで。(*^_^*)
入院して何日後だったか様子を見に行った際、この時以上に哀れな姿でひっくり返ったのにぼろぼろ涙を流してたら先生が
「こうなってもくちばし使って起きられるようになったからね」
と言われ、それでも半信半疑だったのですが、だんだんに少しずつだけど動けるようになってきて、これからもまだまだ時間はかかりそうですが、いつかは飼育ケース生活を卒業できるのではないかという展望が持てるようになりました。

暑いのか寒いのか、ほんとよくわからなくて困りますよね。
そう、甲状腺のこと、忘れてた!
今日は形成外科の先生にも言われて、そうだ、行ってこなきゃ、って。
私が診てもらってるところは街中にあるので、来月か再来月あたり、バーゲン見がてら行ってきます。へへ

こんばんわ * by みるく
とにかく、とにかくヒトミちゃんが帰宅し側で見ていられるのは
嬉しいことですね。 一喜一憂 ほんとによくわかります。 
どんな生き物でも一緒に暮らせば家族ですから心配ですよね。 

最初のお写真を見たときにはドキリとしましたが2枚目3枚目を見て
私も ホットしました。 
一度にいろいろは ヒトミちやんにも大変だろうから 少しづつ 
鳥どうしにも慣れてくれたらいいですね。 

私もね、甲状腺のせいで暑いのは自分だけのときがあるので最近は
人に 今日って寒いの?とか聞いたり天気予報の温度を気にして
見たりしています。 風邪かとおもって近所の医院に行って
「ぞくぞく寒気がしました」って言ったら。。。先生に「寒かったんじゃ
ないの?」と言われて焦りました💦