FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › イヌの譲渡会
2020-06-03 (Wed)  01:16

イヌの譲渡会


 すっきりしないお天気だった今日の一日。
それでもまだ湿度は気になりませんが、そろそろ扇風機を出さなくちゃ。

 先月、仕事をお休みした日曜のこと。
ポケモンを配置しようと向かった公園の近くの会社にのぼりが出ていて、その駐車場に数名の方がおられる様子に、何かな~?
お弁当の販売?
車のスピードを落として、通りすがりちらちらっと目を向けましたらケージがいくつか並んでたようでそこにいるのは犬?
そして、もしかして、あれはボルゾイ?

 ちなみに自分はボルゾイという犬をおそらく本やネットでしか見たことないと思うのですが、それでもそうではないかと思えるほどにインパクトのある犬ですね。

 ゆっくり車を走らせたので中にいる一人の女性と目が合いまして、なんとなく会釈をして通り過ぎましたが、そこにあった「小さな命を守りたい」という文字は犬の譲渡会のようで。

 まさか、あのボルゾイもその一人?
なんでボルゾイみたいな犬がそんなところに?
あそこにいる他のイヌもみんな飼い主さんを待ってるの?

 やはり保護犬だったリクの時のことが浮かんで、そんなことを思ったらなんだか心がざわついて、帰りにまたそちらを見ながら、寄ろうかどうしようか。
でも、寄って見せてもらったところで自分にはもう飼うことできないし。
そんなことを思いつつも一瞬、車を止めそうになりながら、だけど、飼えない自分が覗いても冷やかしになるだけだし、と通り過ぎてしまったものの。
でも、後で思ったら、飼えなくても募金とかなにか少しでも協力できることがあったのかも。

 帰ってきてネットで調べたら、やはりそれは犬の譲渡会だったそうで、こんなご時世ですので予約があった方々とだけの面会日だったようでした。
ボルゾイは気の毒なことに目が見えないようです。

 それから日々、そちらのブログを見ては里親を待っているワンちゃん達の家族が決まるとひそかにほっとして。
何か自分にできそうなことがあったら、協力したいと思っています。
本当にわずかの小さなことで申し訳ないけれど。


皇紀2680年 令和二年6月2日 トマトが順調に育っています
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

最終更新日 : 2020-06-03

みるく様 * by ahirutouban
ボルゾイを預かっているボランティア団体さんのところには今日も11体のコが来たようです
印象的には雑種のコ以上にマルチーズやポメラニアン、ミニチュアダックスやパグみたいな小型犬が多いのにびっくりします
性格や体調、いろんな犬がおられるようで、当然のことながら医療費もお世話も本当に大変なよう…
なんでそんなことになっちゃうのか、飼い主はもちろん、計画性のないブリーダーによるものも大きいようで

もうずっと前に顔見知りの方がアフガンを散歩しておられたのですが、最初に見た時はそのきれいさに驚いたのと同時に内心、大丈夫かな、なんてなことをつい思ってしまって
というのも、そのお宅は工場をやっていて、普段、超多忙な印象だったから…
その何日後だったか、次に見た時はすでにちょっとあれな感じになっていて、三度目に見た時は気の毒なくらいの汚れようでした…
ボルゾイやアフガン、ゴールデンレトリバーみたいな犬は手入れがされてないと本当に哀しくなるほどの印象になってしまいますね
20数年以上も前のことでその後は遭遇することがなかったので、どうなったのかわかりませんが
命を預かるということは生半可なことでなく、まず、その一生の面倒を見ることを想像してからにしてほしいですね






バンポマダム様 * by ahirutouban
こんばんは!
ボルゾイ、ほんと大きい犬らしいです
譲渡会で見たのは2歳くらいの子のようですが、身体はそんなに大きくなかったものの、特徴ある細長い顔とその体つきでろくすっぽ犬種を知らない自分にもすぐにわかりました
貴族階級のイヌというくらいに上等な方のようですのに、どうしてそんなことになってしまったのか、ブログによれば全盲のようで体調も芳しくないらしいのも原因だったのかな…
事情はあるにしても、やっぱり最後まで責任をもって見てあげてほしいですよね
我が家にも縁あって引き取ったコがおりまして、孫が生まれる半年ほど前に16歳、老衰で亡くなりました
イヌがいたそのあたりは今でも何か音がすることがよくあって、きっと逢いに来てくれたんだな、と思っています



おはようございます * by みるく
ホントに…新しい家族が決まりました。って書いてあると心からホッとします。
出来る事なら全ての保護ワンコを飼ってあげたい思いです。だけどそれは無理…どうかどうか、1度家族になったら最後まで可愛がって一緒に暮らしていただきたい。
近所にボルゾイ居ますよ〜ま〜!デカイでかい!
銀坊って名前なんですが、飼い主さんはふざけて『ビンボー』と呼ぶのですが自分が呼ばれたと思って大きな体でホテホテっと歩いて来るのが可愛いです。
でも寝たきりになったら大変ねと言っていました。

No Subject * by バンポマダム
ボルゾイってなんじゃらほいと思って調べたら
ロシア系のわんこなんですね。
おっきいわんちゃんみたいですね。

保護されて譲渡する活動されている方がけっこうおいでなんですね。あひるさまも飼っておられたのですか?
色々思い出がおありなのでしょうね。

どんなものでも 命は大切にしないといけませんよね。
飼えなくなったー、ポイッ、なんていうのは許されることではないですね。
だったら最初っから飼うなって思います。
やむを得ない事情がある場合はどうしようもないですが。。

Comment







管理者にだけ表示を許可

みるく様

ボルゾイを預かっているボランティア団体さんのところには今日も11体のコが来たようです
印象的には雑種のコ以上にマルチーズやポメラニアン、ミニチュアダックスやパグみたいな小型犬が多いのにびっくりします
性格や体調、いろんな犬がおられるようで、当然のことながら医療費もお世話も本当に大変なよう…
なんでそんなことになっちゃうのか、飼い主はもちろん、計画性のないブリーダーによるものも大きいようで

もうずっと前に顔見知りの方がアフガンを散歩しておられたのですが、最初に見た時はそのきれいさに驚いたのと同時に内心、大丈夫かな、なんてなことをつい思ってしまって
というのも、そのお宅は工場をやっていて、普段、超多忙な印象だったから…
その何日後だったか、次に見た時はすでにちょっとあれな感じになっていて、三度目に見た時は気の毒なくらいの汚れようでした…
ボルゾイやアフガン、ゴールデンレトリバーみたいな犬は手入れがされてないと本当に哀しくなるほどの印象になってしまいますね
20数年以上も前のことでその後は遭遇することがなかったので、どうなったのかわかりませんが
命を預かるということは生半可なことでなく、まず、その一生の面倒を見ることを想像してからにしてほしいですね





2020-06-06-00:29 * ahirutouban [ 編集 ]

バンポマダム様

こんばんは!
ボルゾイ、ほんと大きい犬らしいです
譲渡会で見たのは2歳くらいの子のようですが、身体はそんなに大きくなかったものの、特徴ある細長い顔とその体つきでろくすっぽ犬種を知らない自分にもすぐにわかりました
貴族階級のイヌというくらいに上等な方のようですのに、どうしてそんなことになってしまったのか、ブログによれば全盲のようで体調も芳しくないらしいのも原因だったのかな…
事情はあるにしても、やっぱり最後まで責任をもって見てあげてほしいですよね
我が家にも縁あって引き取ったコがおりまして、孫が生まれる半年ほど前に16歳、老衰で亡くなりました
イヌがいたそのあたりは今でも何か音がすることがよくあって、きっと逢いに来てくれたんだな、と思っています


2020-06-05-23:57 * ahirutouban [ 編集 ]

おはようございます

ホントに…新しい家族が決まりました。って書いてあると心からホッとします。
出来る事なら全ての保護ワンコを飼ってあげたい思いです。だけどそれは無理…どうかどうか、1度家族になったら最後まで可愛がって一緒に暮らしていただきたい。
近所にボルゾイ居ますよ〜ま〜!デカイでかい!
銀坊って名前なんですが、飼い主さんはふざけて『ビンボー』と呼ぶのですが自分が呼ばれたと思って大きな体でホテホテっと歩いて来るのが可愛いです。
でも寝たきりになったら大変ねと言っていました。
2020-06-04-06:42 * みるく [ 編集 ]

No Subject

ボルゾイってなんじゃらほいと思って調べたら
ロシア系のわんこなんですね。
おっきいわんちゃんみたいですね。

保護されて譲渡する活動されている方がけっこうおいでなんですね。あひるさまも飼っておられたのですか?
色々思い出がおありなのでしょうね。

どんなものでも 命は大切にしないといけませんよね。
飼えなくなったー、ポイッ、なんていうのは許されることではないですね。
だったら最初っから飼うなって思います。
やむを得ない事情がある場合はどうしようもないですが。。
2020-06-03-22:31 * バンポマダム [ 編集 ]