FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › 千里の道も一歩からの整理収納
2019-06-23 (Sun)  00:35

千里の道も一歩からの整理収納


 以前にも書いたけど、6月は「人生が輝く整理収納術」という講演会の参加から始まった。

 片付けとか整理とかってもうずっとずっとずーっと心の中にあって、例えば旅行とかなにかの計画を立てる際や出掛ける時にだって、常にそれがつっかえ棒のごとく引っかかり、それがなければどれだけ解放されるかってのは、それこそ、もうずっと前から自覚はしてた。

 だけど、少し片付けを始めたところで些細な物がすぐその先の行く手を阻むのです。
ほんとにばかみたいだけど、プリント1枚、化粧品のサンプル、スーパーのレジ袋。
それらの一つ一つ、取るに足らず、それこそ代価を払うほどの価値など、みたいなものであっても、つい、ためになることが書いてあるから後で読まなくちゃ、だとか、誰かにあげられるだとか、後で使えるし、等々。
それで結局、捨てなくたっていいじゃん、今はまだ捨てられないし、てなって、その場限りの整頓はしたところですぐに物が次から次に溜まってつくなってくから、じきにそれも崩れてまた散らかる。。

 で、講演を聞いて、ブログに書いて、まずは自分なりに心の中を整理して、始めてったわけですが。

 それが、どうにかこうにか進んで棚とかだいぶ整理できたんだけど、なんていうかな、自分の場合、フィニッシュが飾れないっていうか、ある程度までいって、このあともう少し、これだけ片づければ、ってとこまで来たら止まっちゃって。
もうほんと、なんでだよ?、って感じなんだけど。
そこにあるのはそれこそ、がらくたみたいなもんばっかりだってのに。

 あるべきモノをあるべき所へ。
私さん、あなたはこれとずっとつきあってく覚悟はできてますか?
なんて自分に問いかけながら進めてきたものの。
なんでか、どういうわけか「有終の美」(笑)が飾れない。

 でも、まぁ、それも自分の仕方ないところと思いながら、どうにかこうにか、自分がこうして座ってるあたりはなんとかなってきて。
でもでも、まだまだいろんなもん、置いてあるけどね。トホ。

 とにかく、「片づけ」という言葉の元に昇天していった物のほとんどが本とかプリント、紙の類。
 それって元からわかってたことで、私、応援の意味もあっていろんな団体の会員になってんですが、各々そこでくださる広報とかお知らせとか。
役員会やら講座やら、行った先でいただく書類。
あと、そこかしこで
「こういうことが書いてあった」
みたいな感想を読んだり、自分が一方的に(そう、勝手に一方的に!)(笑)知ってる方が関与してたり、今度行くかも、勉強になるよね、えらくなれるんじゃない?、そのくらい知っておかなければ、みたいなことがあったりすると、迷うことなくすぐそれ(本)を買っちゃうもんだから、もう、雑誌から文庫から新書からたまりにたまって。。
だけど、もう、そのほとんどが情けないことに消化できておりませんで…。

 まぁ、その片づけもそういう自分に向き合うことですよね…。

 そんな調子でございますので、
「百里の道も九十九里を持って半ばとす」
にはまだまだ程遠いですが「千里の道も一歩から」というわけで。
6月もいよいよあと一週間。
なんとか形づけて7月を迎えたいもの。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記ランキング

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
関連記事

最終更新日 : 2019-06-24

Re: 長文になってしまったので暇な時に読んで * by ahirutouban
みるくさん、こんばんは~。ありがとうございます~!
うわぁ、「片づけ」と言えばもう、アテクシのキーワードみたいなもんですよね、どひーっ!
なんていうか、なんていうか、なんていうか、わかってるんだけど、やんなくちゃならないんだけどー、………、なんてな調子で…。
でもね、自分が座ってるとこの後ろの棚、ずーっと何年も動かなかった物がなくなったら、ああ、ほんとに「気」ってあるんだな、って。
なんか、その空間に空気が流れてるのを感じました。

持ち主にとったら価値あるものでも、傍からしたらゴミ同然みたいなものっていっぱいありますよね。
ご近所の方の妹さんはお姉さんのものに感情移入しちゃって動けなくなっちゃったんでしょうかね。
そうだそうだ、客観的になって見てみればいいんだ。

そういえば、娘がお産で帰ってくるのに空けなければならなくなった部屋、もういろんな物がたまってたんですが、使うもの使わないものと分けてくうちにだんだん面倒くさくなってって、終いにそのほとんどを処分してしまいましたっけ。
あの時の勢いで進めなければ。
今はまた別の部屋にかかっていて、そこはうん、明日中にはなんとかなりそうです。(^^ゞ

長文になってしまったので暇な時に読んで * by みるく
ガーコちゃんのブログでは、何度となく拝見していた
文字、『片付け』ですね(^^)
私も片付けは苦手です。
以前、近所の一人暮らしの高齢者の方が老人ホームに
入所し、その妹さんが、空き家になった家の片付けに来ていたんですが、私がゴミ捨てを頼まれてやっていたけど、出すゴミが異常に少ない…一軒家を空っぽにしなければならないのに毎回スーパーの袋一つか二つ。
そのうち私が片付けの手伝いをさせられて見て分かったのは、妹さんは紙きれを見つけては読み写真を見ては思い出を語り小銭を見つけては数え、洋服は一枚一枚手を通し自分が着れるか、着れない場合には誰にあげるか考え…
ただ時間が経つ、私が手伝い服や布や紙は町内のリサイクルに、冷蔵庫の中はコンセントを外し全て廃棄、瓶は中身をすて高級な酒以外廃棄、缶瓶ゴミの日に捨てだいぶ片付いてきた頃に親戚からクレームが出て遅いから業者に頼むとのこと、だって空き家になってから一年以上経過していたから、そりゃそうだ。早く家を売って老人ホームの入居資金にしたいから。
でも、私がゴミとして捨てられたのは、他人の物だからかも?母が亡くなった時の遺品整理は3日で済んだけど、愛着が、無かったからかも?
片付けって難しいですね。

Comment







管理者にだけ表示を許可

Re: 長文になってしまったので暇な時に読んで

みるくさん、こんばんは~。ありがとうございます~!
うわぁ、「片づけ」と言えばもう、アテクシのキーワードみたいなもんですよね、どひーっ!
なんていうか、なんていうか、なんていうか、わかってるんだけど、やんなくちゃならないんだけどー、………、なんてな調子で…。
でもね、自分が座ってるとこの後ろの棚、ずーっと何年も動かなかった物がなくなったら、ああ、ほんとに「気」ってあるんだな、って。
なんか、その空間に空気が流れてるのを感じました。

持ち主にとったら価値あるものでも、傍からしたらゴミ同然みたいなものっていっぱいありますよね。
ご近所の方の妹さんはお姉さんのものに感情移入しちゃって動けなくなっちゃったんでしょうかね。
そうだそうだ、客観的になって見てみればいいんだ。

そういえば、娘がお産で帰ってくるのに空けなければならなくなった部屋、もういろんな物がたまってたんですが、使うもの使わないものと分けてくうちにだんだん面倒くさくなってって、終いにそのほとんどを処分してしまいましたっけ。
あの時の勢いで進めなければ。
今はまた別の部屋にかかっていて、そこはうん、明日中にはなんとかなりそうです。(^^ゞ
2019-06-24-01:28 * ahirutouban [ 編集 ]

長文になってしまったので暇な時に読んで

ガーコちゃんのブログでは、何度となく拝見していた
文字、『片付け』ですね(^^)
私も片付けは苦手です。
以前、近所の一人暮らしの高齢者の方が老人ホームに
入所し、その妹さんが、空き家になった家の片付けに来ていたんですが、私がゴミ捨てを頼まれてやっていたけど、出すゴミが異常に少ない…一軒家を空っぽにしなければならないのに毎回スーパーの袋一つか二つ。
そのうち私が片付けの手伝いをさせられて見て分かったのは、妹さんは紙きれを見つけては読み写真を見ては思い出を語り小銭を見つけては数え、洋服は一枚一枚手を通し自分が着れるか、着れない場合には誰にあげるか考え…
ただ時間が経つ、私が手伝い服や布や紙は町内のリサイクルに、冷蔵庫の中はコンセントを外し全て廃棄、瓶は中身をすて高級な酒以外廃棄、缶瓶ゴミの日に捨てだいぶ片付いてきた頃に親戚からクレームが出て遅いから業者に頼むとのこと、だって空き家になってから一年以上経過していたから、そりゃそうだ。早く家を売って老人ホームの入居資金にしたいから。
でも、私がゴミとして捨てられたのは、他人の物だからかも?母が亡くなった時の遺品整理は3日で済んだけど、愛着が、無かったからかも?
片付けって難しいですね。
2019-06-23-17:38 * みるく [ 編集 ]