FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › ペット › アイちゃんが帰ってきた
2018-11-03 (Sat)  00:30

アイちゃんが帰ってきた


 昨日は仕事の帰り、車を運転しながらひざ掛け毛布を手探りしそうになって、まだトランクから出してなかったっけ、って何回思ったやら。(^^ゞ
夜も9時を過ぎればやっぱ寒くて、さすがに霜月、11月。
週末は収穫祭関連のお祭りも多くなって、日本の秋を感じますね。

 今日は昼前、オカメのアイちゃんをお迎えに行ってきた。
 10日間の入院。
入院時に75gだった体重は82g、顔色もよくなり、足の力もしっかりしてほっとした。
 小動物なのではっきりしたことは言えないようだけれど、やはり、
腎臓が悪いか、卵を産んだときに黴菌が入ったか、嘴から察するに肝臓の状態もよくない、とのこと。
保温に注意しながら、夜は12時ころまで起こしておくように言われ、え?、と思ったら、鳥は病状によって寝かす時間をかえるのだそうで、今のアイちゃんは食べることが必要だから起こしといたほうがいいのだそう。寝ると食べなくなるから。起きてれば食べるから。
だから、ひとみは早く寝かした方がいいんだね、食べ過ぎもあるし、ホルモンに注意しなければならないし。

 入院代は2週間分の薬とで2万円。
やっぱそのくらいだったか、と普通に払って帰ってきちゃったけど、後で請求書を見てみたら、薬代が別勘定になってなくて入院費も少し安くしてくれてあった。
ひとみの時もやっぱり安くしてくれてあってびっくりして聞いてみたら、
気軽に連れてきてほしいからなるべく負担にならないように、
って言ってくれて、実際、通院費は初診以外は毎回500円。でも、
私は助かるけど、続いてもらわないと困るのにこれで大丈夫なんだろうか?、
なんて心配になったりしたけど、予約がいっぱいで希望の時間がとれないこともけっこうあるし、駐車場に遠方や県外ナンバーの車もよく見るしで自分が心配することもないよう。
小動物を安心して任せられる、ちゃんと診てくれる獣医さんは少ないものね。

 で、午後、まつ毛パーマに行くと、そちら(自宅でやってる個人サロン)に通い始めた頃は人の気配によく吠えてた犬が最近は静かで、
歳で寝てるんですよ、なんて聞いてたけど、先月、心筋梗塞か何かで急に1匹亡くなってしまったのだとか。
これまで自分はミニチュアダックスが勝手に2匹いるのだとばかり思ってたんだけど兄弟3匹だったのだそうで、
急だったからとてもショック、他のコ達もみんな一緒(歳)だから不安になるし怖くて、
と言われてた気持ちはよくわかる。

 保温に注意して体重は毎日、必ず計ってください、
調子が悪いようならすぐに連絡して来てください、
って小鳥の先生に何度も言われ。
小鳥さんも犬も誰もかれもいつかは必ず来るお別れだけど、その日は少しでも遅い方がいいし、できればいつまでも元気で一緒にいたい。
本人(鳥)はもちろん、見てる人も診てくれる人もみんな元気、そうありたいしあってほしい。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記ランキング

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
関連記事

最終更新日 : 2018-11-03

Comment







管理者にだけ表示を許可