FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › 台風一過の秋模様
2018-10-02 (Tue)  02:16

台風一過の秋模様

 台風一過の今日はまさにピーカン?のいいお天気。
10月にその陽射しは痛いくらいに暑くて、真夏日のところもあったのかな、風がひどく強かったけど。

 昨夜の台風は予報通りに強力で、カーテン開けて外の様子を窺ったところで窓を打ちつける雨と風でその向こうは見えないし。
深夜になって消防車のサイレン音がひっきりなし、どうも橋の上で強風にあおられて横転した車が何台かあったらしい。

 同じ市内、同じ町内に住みながら、台風被害はずいぶん違い、幸いなことに自分の住む辺りでは停電や断水になるようなことはなかったものの、テレビでは学校給食のおかずが作れなくてガス窯でかな、炊いたご飯にふりかけをかけて子どもがそれぞれにラップでおにぎりを作って食べてる様子が流れ、市の広報は給水車の配置を流したり。
木が倒れ屋根瓦が飛んだり、各地で様々な被害。
隣町に住む娘婿さんの実家も雨トヨや屋根が大変だったとか。

 昼間、孫を連れていつも通り子育て支援センターに向かったら、旧国一沿いの信号が全部消えてて、大きな交差点も各自が徐行と一旦停止で互いに譲り合いながら安全確認して進行。
被害があちこちに及んで、交通整理に配置出来るおまわりさんの人数にも限りがあったのか。
災害時ってそういうものなんだよね…。
そうして着いたセンターには
「本日はお休みします」
の張り紙。
一組の母子が外にある「公園」という名前のその小さな一画で遊んでた風だったんで聞けば
「今日は停電でトイレも使えないからお休みなんですって。私は電話してここを開けてもらって(すぐ隣に区役所がある、そちらもやはり暗かった)遊ばせてるんです」
なら一緒に遊ばせてもらえたら、みたいなことを言ってみたところ、残念ながら雰囲気的にそんな感じでなく、せっかく出掛けて行ったものの仕方なし帰ってきた。
こういう時、うちの孫は意外に聞き分けがいいのが大きな救い。
 
 そのセンターでは先週、バス旅行がありまして、計画を聞いた時からずっと楽しみにしてたのが(私が)(笑)、いざ参加募集の時に孫も私も風邪をひいてしまってそちらをずっと利用できず、ようやく行けたときにはすでに「定員に達しましたので締め切りました」てな張り紙に仕方ないと思ってたら
「ガーコさん、どうします? 行きたいって言われてたから空けてありますよ」
って言ってもらえて嬉しかったこと!!
ほんと、嬉しかった!!
保護者二人連れでも可とのことだったけれど、娘は仕事で行かれないと言うので私が同行。
未就園児のバス遠足、赤ちゃんから2歳児みんなで目的地にただ一緒のバスで行くというだけでママ友みたいな関係がない自分にはいっそう何がどうということもないのだけれど、それでも孫を連れて行けるのがとにかく嬉しくて。
行った先の牧場で前を歩く孫娘の姿を見てたら、自分がこの上なく幸せに思えて涙が滲んで泣きそうになってしまいましたっけ。

 書きたいことだけはいつもいっぱいあるブログ、でも、それを頭の中で整理して文章にするのはなかなか難しくて、普段、本を読んでればまた違うんだろうけど、最近はそれもあまりないし、とにかく書きだしにいつもつまる。
思いついた時にスマホにボイレコでもして後で文字起こしでもして書きだせばいいじゃーん、なんて思ったりするけど、仕事でもないにそれもなんかちょっと、ね?
だけど、頭の中はいつもぐるぐる。
日記代わりの記録ブログ、なんとか残していきたいのですけれども。

IMG_0042(1).jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記ランキング

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪


 
関連記事

最終更新日 : 2018-10-04

Comment







管理者にだけ表示を許可