FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › キモノ › 初めてのリサイクルショップ
2017-01-28 (Sat)  23:23

初めてのリサイクルショップ

 昨日はシニアのご婦人集団の登場により、いつもよりずっと早く着付け教室が終わってしまったので(着付け教室とは衝立で遮られた染白大島の展示会場の雰囲気はおいでになられた皆様に出されたお茶と自らご持参のお煎餅の投入で一転、生徒仲間のエイコさんも私も早々に退散させていただきました)、その近くにあるという、リサイクルショップに行ってみた。

 エイコさんも初めてというそのお店は一見リサイクルショップというより、普通に地味な呉服屋さん?みたいな感じ。
私達が入り口で帯締めやら帯揚げを見てる間に、ちょうど一人いらっしゃったお客さんが何かしら買われて帰られたところで、
「すみません、ちょっと見せてください」
と畳敷きの店内にあがらせてもらった。

 何段にも重ねられたキモノの山を前に、たくさんあるんだねぇ、なんて感じで見てると、
「キモノをおさがしですか?」
「着付け教室でようやく着られるようになったんで」
なんてな会話。
エイコさんが言うのに着付け教室の先生もそこをたまに利用されているそうで、店主からもそんな話。

「今は白大島が人気なんですよ」
「僕は大島が大好きで、つい語っちゃうんですけど」
とそこにあるものについていろいろ教えてくれる。

 大島とか紬の類は着こんでこその価値があるんだそうで、意外にも新しいばかりがいいというのではないらしい。
確かに言われるままに生地をさわらせてもらえば、手触りが全く違うのに驚いた。
「これはすごく着やすいと思いますよ。それだけのものがありますからね」
「これなんかね、もったいないね、おそらく当初は100万はしたんだと思いますよ。だけど、全然着られないままに時間だけが経っちゃって、今はこっちの方がよっぽど価値がある」
 その店では店主がいいと思った中古品は洗い張りして八掛をかえ、作り直したりもして売っているらしい。

 また、八掛の色にも流行があるんだそうで
「いまどき、こんな赤い八掛をつける人はいない、野暮ですよ」
「せっかく買ったんなら、洗い張りしてちゃんと自分サイズに仕立てて八掛もかえた方がいい」
なんて言ってくれるのはいいんだけど、野暮とか言われても、作り直せるようなお金がある人ばかりじゃないもんね。
大体、リサイクルの何がいいかって、サイズもおおまかに自分にあった、通常なら何十万もするような手の込んだ国産の高級仕立てのキモノがしまむらやウニクロ価格で気軽に買えるところだし。

 とは思いつつも、そこでもやっぱり、いいなぁ、と思えるようなものがいくつもあって、店主が出して見せてくれる度に
「いいですねぇ!」
「素敵!」
と驚嘆。
 帰ってきてからも、あれほしいな、3月くらいになったら買えるかな、洗い張りやなんかはしばらく着てみてからでもいいし、なんてつい思ってたりして。

 やっぱりお店だとじかに商品を見れるし、お店の人からいろんなことを教えてもらえるのがいいね。


 明日は叙勲賞をいただいた方の祝賀会に出るのに当初はキモノを着て行くつもりだったのを思案中。
 この間、やはり行かれる人とそんな話をしてたら。
「べつに会場がそんな改まったところでもないし、家の近所だし。私は普通に上着とスカートかなんかで行こうかと思ってたけど」
 確かにそれはそうだけど、でも、叙勲賞のお祝いだし、とも思うものの、出る人を思い浮かべてほかにそう知った顔はなく、着て行って何か言われるのも嫌だし。
それに、キモノ自体ようやく着られるようになったというだけだから、初めての外出で何かあった時に頼れる人がいないのではますます自信がない。
お腹周りが心配だけど、手持ちのスーツで行くしかないか…。

IMG_1793.jpg IMG_1794.jpg
リサイクルショップの後に行った、まつ毛パーマのお店で
とっても気の利いたお店で、行くと必ずこんな感じでお茶やスイーツを出してくれる
しかも、料金2千円というだけでもありがたいのに
今月はお年始価格の千円、カンドー! ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪





関連記事

最終更新日 : 2017-01-28

Comment







管理者にだけ表示を許可