FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › 成人の日に思ったこと
2017-01-10 (Tue)  00:52

成人の日に思ったこと

 昨日昼ころから降り始めた雨はじきに土砂降り、夕方から風も出てきて昨夜は一晩中台風みたいな天気だった。
 今日は成人の日だったけど、世間的には昨日のところが多かったのかな。
 自分の住んでいるところは平成の合併で市の面積がやたら広いので、出初式の関係もあるのか、市としての成人式は3日?4日?頃に行って、地区によっては昨日あたりこじんまりしたものを改めてやってたんじゃないかと思う。

 テレビやネットで見るような、ド派手な装いはこのあたりでは見ることもないが、所によっては今年もまた荒れに荒れたところもあったようで。
ネットで流れていた動画を見れば、そのあまりに非常識な騒ぎぶりはなんでここまで、と嘆かわしく情けない。

 そんな思いであれこれ見てたら。
こちらのサイトで(行橋市市議会議員 小坪慎也氏のブログ)、そうか、そういう見方もあるのか、それも確かにね、なんて思ったりして。

 なんていうか、そこで紹介されている方々のそれぞれ、あまりにすごい恰好でそのセンスは全く理解できないんだけど、それでもそこまでにするのには昨日今日の思いつきでは決してなく、思い思いに練りに練って工夫に工夫を重ねて思考錯誤でその場にいたことだけは間違いない。

 傍からしたら仮装行列のようなコスプレのような、わけのわからない意味不明なものであっても、当人としたら堂々たる成人の主張。
精一杯の準備に費用をかけた賜物であることだけは確かだし、そういう意味では日本経済に十分貢献、「成人の日」を国民としてそれなりきちんと祝っているというわけで。
車だってキモノだって、その日限りの一発勝負にどれだけ賭けていることか。

 そして、なんとなく、なんとなくだけど、そうやって思い思いに成人式に「頑張って来た」子たちは年取った時に、子供の声がうるさいから保育園の設立反対、なんて言って署名を集めたり陳情したりするような「情けない身勝手な大人」にならない気がする。
成人式だけでなく、還暦式もあったならどんなことになってんだろ?

 そんなあれこれ思ったらなんだか変にやたらと嬉しくなってきて?、自分もキモノの着付け、負けてられない頑張らなければ、と思ってしまった。笑

 着付け頑張る、と思いつつ、図書館で借りた七緒の15分着付け本のコピーを見ながらいつもエア着付けで終わる日々だけど。
今月終わりにはなぜか(ほんと、なぜか…)招ばれてしまったお祝い会、来月は着付け教室の食事会に同窓会、建国記念の式典にも出来ればなんとか着物を着ていきたい日が続いてて、秋頃から防寒のあれこれを少しずつ用意。
今日はポンチョとショーツが届いたし、明日届く予定のバッグが揃えばひとまず準備完了で、あとは肝心の着物の着付けというわけで。

IMG_1912.jpg
羽織とかどういうのがいいのかわからないし、失敗しても服で使えるからと和洋兼用ポンチョ
イメージ通りの商品でとっても気に入りました!
買ってよかった~~~!

imgrc0070427494.jpg imgrc0070427495.jpg
購入サイトからの借り物画像
米沢生まれの日本製
襟が大きくて顔が小さく見えそうだし、全体のころんとした感じが気に入って

 先月、ヤフオクで買った長襦袢(日本製)は130の丈では長すぎて、丈づめをどうしたらいいのやらネット検索してみたら、手っ取り早そうなのが帯で隠れるお腹のあたりで詰めるのと、ひざ下あたり?で詰める方法。
っても、お腹の辺で詰めるのは自分としてはどうも帯がうまく結べないような気がして(ただでさえヘボなので、なんか引っかかりそうな気がしてならない)、ひざ下あたりで詰めるのもなんとなくイメージがつかめずにいたところが。
先日、母にもらった長襦袢を出してみたら、まさにひざ下あたりで上げてある感じ、さっそく真似してやってみたら意外にもこの私でもすんなりできた。
よし、明日から着付けの自主練、頑張ろう!

IMG_1913.jpg IMG_1914.jpg
母にもらった正絹の長襦袢とヤフオクで落札のポリのもの
影が入り込んでしまいました

 ちなみに、もちろん、成人式に便乗した乱闘騒ぎや破壊行為、迷惑行為は決して許されるものではないし、到底認められるわけありませんで基準外。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
関連記事

最終更新日 : 2017-01-10

Comment







管理者にだけ表示を許可