FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › 新人勧誘のイベントに行ってきた
2016-12-15 (Thu)  00:43

新人勧誘のイベントに行ってきた

 昨日から久しぶりに雨。
夜になってなお強くなり雷まで鳴り響き、そういえば、毎年12月のはじめはそんなお天気だったように思うから、今年は少し遅い気がする。

 12月も半ばというのに、年賀状もかたづけも大掃除も何一つ進んでない。
ただ、孫が生まれるのを機に半年ほど前におとーさんと日々、いろんな物を整理処分したので、以前に比べたら何もしていないわりにはすっきり。
物がなければ当然見た目もうるさくないし、散らかりようもないし、散らかっても決まった行き場に戻せばいいし、というわけで。
ほんとにそれまでどれほどの不用品に囲まれてたのやら。

 今日は先日の同窓会で12年ぶりくらい?に会った友達に誘われ、彼女の勤める生保会社の見学会?に行ってきた。
12年ぶり、と言っても前回の同窓会のことをほとんど憶えていない私にしたら、30年ぶりくらいに会ったみたいな気がしてたっけ。

 生保会社はどこもそうなんだろうけど、定期的に行われているらしき新人勧誘のイベントにこれまでも何度か、つきあいのあるセールスさんに誘われては足を運び、何かしらの企画と同時に営業所長さんとの面談。
無論、自分には保険のセールスをしようとかいうつもりはさらさらなく、セールスさんもそんなことは百も承知だけど、とりあえず形(実績)は作らなければならないからよかったら協力を、といつもそんな感じ。

 その友達からも先日、イベントがあるんで、と話があり、今日は1時からの仕事だからそれに間に合えば、ということで行ってきた。
 そこでの企画は宝石の展示会と似顔絵を描いてくれるということだったのが、似顔絵描きは時間が合わなかったからなし(写真を持参すれば描いていただけたそう)。
宝石の展示会は珈琲とプリンをごちそうになりながら、もう本当に見るだけだったけど、どれも7ケタ数字が並んで中にはもちろん本物なのでしょうが(という言い方も失礼だね)めったやたらと大きな石のはそのあまりの大きさに、おもちゃみたいだね、なんて。

 肝心の所長さんとの面談はなかなかに興味深く。
というのも、そこの会社の定年は64歳で、どういう理由だったか忘れてしまったが59歳までは新人として雇ってくれるんだとか。
さすがにそんな齢の場合は面接やら一般常識の試験やらが少々キビシクなるにはなるようで、それでもごく当たり前の常識を持ち勤務経験があれば大方大丈夫でしょう、とのこと。
もちろん、ライフプランアドバイザー(ていうのかな?)の試験には合格、という前提で。

 59歳でも正社員として雇い入れてくれるってすごいよね。
よく通るお饅頭屋さんのパート募集は50歳以下で、私なんざとっくにもう雇ってもらえない。

  友達曰く、昔みたいに大型の定期保険を取るのが主でなく積立(貯蓄)型(それも月々5千円程度?)だから仕事は思ってるよりラクだよ、とのことだったけど。
そんな話をされても、退職や転職を考えてたわけでなし、何をどうすることもないのだけれど、それにしても特別気が強かったり社交的だったりというでもなかった彼女が片道1時間ほどもかかるその職場にすでに22年以上も勤めているということに、よく頑張っているなぁ、とただただ感心したのでした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
関連記事

最終更新日 : 2016-12-15

Comment







管理者にだけ表示を許可