FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

タモキシフェンからアリミデックスへ 2



 11月に入り、早や一週間が過ぎてしまった。。うわぁ!!
前回の記事からすでに二週間が経ってしまった。。どひーっ!!


てな調子で記事を書き始めた先週。
件の展示会でまたしてもキモノを買ってしまったその顛末をつらつら書き始めたはいいものの、二時間を過ぎてもまだ終われない。
で、いつもの通り、そのうち疲れて下書きに入れたまま、もうまた一週間が過ぎてしまった。。
なんか、やたら長くなってしまうのは余計なことばっか書き過ぎるのかなぁ?
それとも、単純に根性と集中力がないのか。
IMEの文字変換がアホみたいにおかしくてイライラしてしまうというのもあるけど。
ATOKがほしいなぁ…、うーん…。
まぁ、いいや。
そのうち、気が向いたらまた続けよう。

 8月に乳腺外科の主治医から変更指示のあった乳がんの薬。
9月半ばだったか、タモキシフェンの残りが一週間分くらいになったところで薬をもらいに婦人科を受診(乳腺外科はがん専門病院で診てもらっているが、薬は近くのクリニックでもらうことになっている)。
先生に
「薬の副作用のことは聞いていますか?」と聞かれ、
説明された内容を粗方、冊子をもらって付属のDVDを観ながら簡単なストレッチをするように言われたことや、
「急に体が熱くなるのがいやだと言ったら、それはタモキシフェンの時よりはラクになります、と言われた」
てなことを話すとびっくりマーク顔で
「今度のアリミデックスは女性ホルモンを根絶やしにしてしまうからキツイ人が多いみたいで、そういう人は本当にツラくて大変だって言ってるんですよね」。
 
 その先生からはそんな話は前にも聞いていて、閉経になったとはいえ薬の変更には微妙なさじ加減が必要で、それはおそらく乳腺外科の先生にはわからない、婦人科の医者に共通した感覚的なもの、というようなことだった。

「指示では三か月分の投薬になってるけど、どうしましょう? まずはひと月分にして様子を見てみます? それで大変なようだったらまたそこで考えることにしたらどうかと思うけど」
大変だったらタモキシフェンに戻すこともあるのかなぁ?、それとも何か併用薬があるんだろうかと思いながら、勧められたとおりにいただいたひと月分の三週間を過ぎたあたり、特に変化がなさそうだったんで再度婦人科受診。
血液検査で異常がないようだったらこの次は三か月分にしましょう、と採血してまたひと月分もらって帰ってきた。

 薬がかわったことでたまに手にこわばりを感じるほかは何か感じていることはないとはいえ、薬のせいかどうかはわからないけれど、このところ髪が抜ける量が多くなったような気がしてしならない。
っても、秋だし、単純に時季的なこともあるのかなぁ?
 髪を洗う前に頭皮をマッサージしたりしてる段階でけっこう抜けるのに、洗ってる時にまた抜けて、普段も指で髪を梳けばまた抜ける。
その量に大丈夫なのか不安にもなるけど、化学療法を受けてるわけでないし、ネットでざざっと検索してみたところ、確かに副作用に脱毛も入ってるものの、サイトによってはタモキシフェン5%、アリミデックス1%というところもあったり。
まぁ、髪が抜けやすくなってる気がするとはいえ、美容院では何も言われてないし、たまに左右の生え際にドキッとしても髪型にちょっと気を使えばそれほどでもないような気も。
ヘアトニックでも使ってみようかと、以前に「言葉ゆうえんち~」の麻花さんが「カミノ21」がいいと言われてたんで職場で注文しようとしたら会社に在庫としてはないらしく、「20個(だっけな?)以上で取り寄せ可」てな回答がきた。
さすがに20個なんて買えるものでなし、うーん、送料かかってもアマゾンででも取り寄せるしかないんかな。
それか、まずは職場にある、ほかのカミノモト製品で試してみるか。
だけど、それらにはどれもパッケージに「女性ホルモン使用」って書いてあるんだよね。
女性ホルモン根絶やしの薬を飲んでる人が女性ホルモン使用のトニックを使ってもいいんだろうか?
今度の受診の時に先生に使用の可否を聞いてみなくては。

IMG_1749.jpg

小指の先ほどの小さな錠剤に女性ホルモンを根絶やしにするほどの威力があるなんて…ね…




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
関連記事

Last Modified : 2016-11-17

* Category : 乳がん

* Comment : (0) * Trackback : (0) |

コメント







管理者にだけ表示を許可