FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › いつ何時なにが
2016-08-09 (Tue)  00:54

いつ何時なにが


 今日もまた一日が無事に終わろうとしてるけど、その暑さの厳しかったことと言ったら。。
家の中にいても、身の置き場がないくらい?とにかく暑くて。
わずかにも動こうなら途端に汗ばんでしまうので、ただじっとして時間を過ごして。
昨日、慌てて日陰用にと窓に張ったアルミのスダレ効果も全く感じられないほどに日差しが強かったなんて、やっぱり今年の夏の暑さは尋常でないのかも。

 昨夜の記事はタイトルがタイトルだったせいか、これまでになかったくらいにたくさんのアクセスをいただいた。

 娘にもそんな話をしたら、彼女の勤め先にもやはり若年性脳こうそくの男性、手当てが早かったのか、幸い仕事に無事復帰して普通に仕事をこなせてるらしいとのこと。
 自分も以前に仕事で自分と同じ年くらいの若年性脳こうそくの女性に遭遇。
その方はディズニーランドに遊びに行ってるときに倒れて救急車で担ぎ込まれたということだったか、右半身下半身不自由で完全な車いす生活。
それでも、立ち上がりだけはどうにか、普通に右利きだったのがなんとか左手でご飯を食べられるようになるまでにどれほどの努力を要したのか。
でも、回らない呂律は訴えていることを察するまでに長い時間がかかって、そのくせ申し訳ないことに全く的外れな解釈をしてしまうことも多々あって。
もともとの性格がわからないからなんとも言えない部分があるにしても、自分を抑えることが難しくなった性格も多分に病気の影響もあったんじゃないかと思う。

 心筋梗塞、脳梗塞、くも膜下出血。
以前は高齢者のイメージの強かった、一瞬にして人生が左右されてしまうような怖い病気が最近は若い人にも割りに多いようす。
いろんな要素があるにしても、いつ何時何があるかわからない。
自分もせめて不規則夜更かし生活を自重しなければ。

 今日、伝えられた、天皇陛下のお気持ち…。
もちろん、畏れ多くてとやかく言えることではないが、なんだかとても哀しかった。
今日ほど陛下のご存在を意識した日はなかった。
今の自分の気持ち、なんとも言いようがない…。

 だけど、せめて陛下をお支えすべき役人が間に合わせの官僚でないよう、「宮内庁」を「宮内省」に格上げしていただけるように安倍総理にお願いしたい。
天皇陛下は国体そのもの、陛下のご存在あっての我が国なのに、今回の先走っての「生前退位」などという失礼極まりない報道、軽率過ぎるし絶対に間違ってる。
天皇陛下のご存在こそ揺るぎないものであり、日本にとって絶対必要不可欠なものなのに。

 どうかどうか、天皇陛下が末永くお健やかであらせられますように。
日本の国がいつまでも日本の国であり続けますように。
「すめらみこといやさか」。

418615_363110533769256_1132136118_n.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
関連記事

最終更新日 : 2016-08-09

Comment







管理者にだけ表示を許可