FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › 疲れはどこからやってくる?
2016-08-05 (Fri)  00:56

疲れはどこからやってくる?



 なんぞ、今日はやたらと疲れてしかたなく。
仕事中に呼ばれれば、いつもは「は~い」と急いで走って行くのだけど、今日はとりあえず返事をしつつ、やっとこさ足を動かしてる感じ。
おまけにどういうわけか左側の腰も痛くて、ヒマさえあればトントン。

 テレビで飲み明け(って言い方でいいんかな?)のオジサン達に(ってもみんな自分よりずっと若いのでございましょう)
「昨夜、飲み過ぎたんじゃありませんか?」
としじみ汁を差し出す通販のCMが浮かびますが、サプリとか飲んで本当に疲れがとれるのかなぁ?
自分もそれなりいろいろ飲んでて、中でも「えんきん」なる目のサプリは当初は違ったような気もするけど、その後、何がどこにどう効いてるのかもわからない今、それでもどれもやめられない止められない。
まぁ、何も飲んでないよりきっといいんじゃないか、と希望的観測も大事なんじゃないかと思うし。気持の上で。

 ここんとこ、目がやたらとおおぼったくていつも充血。
それは何も今に始まったことじゃなく、かれこれ数年前からなにか目に被ってるような気がして仕方なかったのが、最近特にひどくて。
充血は特に嫌なので目薬をいくつか使い回し、「1,400円」くらいの自分にとっては高級目薬まで使用してみたところで、これもよかったのは最初の一指しのみ。
コンタクトを一日つけてるのがつらくて、仕事外の時間は外し、寝て起きた朝からすでに充血してるのはさすがに。
 眼医者に行ってきたいけど、仕事や用事、土日もすぐに控えてるし、早くても行けるのは月曜日になるのか、それまで我慢できるのか、と思ったところで、今日、仕事の前に行くことを思いついた。
思いつきの時間が遅くて仕事には遅れてしまうかもだけど、時給800円が減ったところで、ね。

 その眼医者は一緒に仕事してるパートさんも通ってるということで行ってみたんだけど、幸いなことに駐車場の車の数、待合室の患者の数のわりにすぐに診てもらえて、
「目そのものは大丈夫ですね。アレルギー性結膜炎と目が乾いてるのでそれぞれの目薬を出しますから、まずは二週間、それで様子をみてください」
「ハードコンタクトをかれこれ40年近くつけてるんですが、ソフトにした方がいいんでしょうか?」
「ハードレンズを入れてることで確かにレンズのふちのあたりはどうしてもすっきりはしませんが、すぐにはいいですよ、目薬でこのまま様子をみましょう。
ただ、そろそろ遠近両用タイプを使用したいようであれば、ソフトはいいレンズが出来ていてその点はハードと比較にならないくらい調子がいいようなので、その時にまた考えましょう」。

 処方されたのは「ヒアロンサン点眼液0.1%」と「レポカバスチン塩酸塩点眼液0.025%」の2種でございましたが、どっちも市販の目薬みたいに全くしみることもなく、それなり効いている様子。
まだ数回さした程度だし、充血が完全にとれたとは言えないけど、嫌な重苦しさがなくなったことは確か。
 ソフトでは近視が強すぎて度が出ないから、と数年前に試したハードの遠近両用はとても続けられなかったけど、今はソフトもだいぶ対応できるようになってきたということだったんで、そっちもそれで改善されたらいいと思う。


IMG_1641.jpg
画像が横になっちゃった
上を4個、下を6個だしてもらって自分の持ってる「高級目薬」とさしてかわらないだなんて
健康保険て本当にありがたい



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
関連記事

最終更新日 : 2016-08-05

Comment







管理者にだけ表示を許可