FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › 大型不燃物 vs 紙ごみ
2016-05-18 (Wed)  00:30

大型不燃物 vs 紙ごみ

 お休みだった今日は予定通り、大型不燃物回収品出し。
月に一度の回収は役場のゴミ収集担当に事前予約しておくと、玄関先とか指定の場所まで取りに来てくれる。
品数は限られているものの、小さいものはゴミ袋にまとめての数えになるし、今回のエレクトーンについては本当に助かった。
 当初、市で回収してもらえるなんて思いもよらず、産廃業者に見積もりを取ってもらったら4万円くらいだったような。
出さなきゃ出さなきゃ、と思いつつも、さすがに額が額、手放したくない娘の反対もあってここまで来てしまったけれど、ゴミ回収についての公報を見てたら回収品目の中に「エレクトーン」の文字を見つけた時はびっくりしたわ。
はやる気持ちで電話確認、大きさに問題なければ回収できます、との返事にどれだけ礼を言ったことやら。(笑)
担当の人が采配してるわけでないにせよ、ほんと、助かるもの。
 ただ、重さが重さなだけに家の中から玄関先まで出すまでが容易でない。
結局、近所の設備屋さんに頼んで人を貸してもらい、もちろん、それなり謝礼はしたにせよ、出してもらえるだけありがたいし、どれだけ助かったことか。

 そんなわけで、予定の回収品が出た後の部屋は思ってた以上に広さを感じ、そこだけ青い畳の色、そんなに場所を占めてたんだ、と改めて。
そして、不用品をどんどんゴミ袋に入れ、大きいものが消えていくとのろまの私でもますますそれを勧めたくなる不思議。
億劫だった片づけもだらだら遊びながらも進められそうで、今週末にはインテリア屋さんがカーテンの打ち合わせに来てくれるそう。

 だけど、問題は私がいる部屋。
全く使ってないもの、ろくに目にもしてないものに関しては捨てる捨てないの判断にそう時間もかからず、処分することにさして迷いもないが、さもない資料や紙ごみの処分のほうが大変で、ばかみたいにやたらと時間がかかってしようがない。
買ったきり読まない本ももったいないし、読めばわずかなりとも知識がつくだろうとはわかっちゃいるものの、相変わらず、安易なものに逃げていくから、このあたりは本当に思い切りが必要とは。
金額的にはよっぽど高かったものより、さもないものの処分に迷うなんて、ほんと、変なの。

IMG_1426.jpg IMG_1423.jpg
物に埋もれて出てきた高校の修学旅行の時の写真
何年かぶりに見た、かれこれ35年以上も前の私に、誰コレ?可愛いじゃーん!、なんて喜んだり(笑)
あの時きーみはー若かった~♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガト♪
関連記事

最終更新日 : 2016-05-20

Comment







管理者にだけ表示を許可