FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › 大型不燃物回収
2016-05-17 (Tue)  00:55

大型不燃物回収


 さっきから雨が降り始めた。
予報ではこれから明日までひどくなるようなことを言っていたけど、どうだろう?
今週は大型不燃物の回収があり、明日は知り合いにお願いしてエレクトーンを運び出さなければならないので、夕方にはあがっていてほしい。

 娘の出産を機に家の中の整理を始めた我が家だけど。
ベビーベッドを置く場所を確保することからしても処分しなければならない物がいくつもあり。
長男が大学の時に資格試験を取るのに必要で買った、オークションで入手のキーボード、くたびれたタンス、応接セットのひとつであるコーナーテーブル、使ってないテレビボード、そして、エレクトーンが今回の回収引き取りでお願いしたもの。
特にコーナーテーブルとエレクトーンはもうずっと長いこと、我が家に鎮座してきて。
 コーナーテーブルは私が嫁入りのときに持ってきてほしい、と言われて持ってきた応接セットのひとつ。
もともと自分はその必要性を感じてなかったところに、居間を占領して掃除機をかけるたびに足をぶつけたり、狭苦しくてしようがないのがいやで、夫が単身赴任になったのを機に5客あるソファーをばらして廊下や納戸みたいになってしまった部屋、和室にまでも置いたりしてきたのを何年か前、皮が劣化したのを理由に処分したものの。
これまで残っていた、畳の半分以上も占めるコーナーテーブルはその収納量や使い道を思えばなお必要がなく。
エレクトーンについては母が知り合いのエレクトーンの先生から譲ってもらったもので、たまに娘がさわる程度が一畳以上の大きさで。
っても、自分は娘がエレクトーンを弾いてるのを見たことがなく、それでも娘の希望でずっと置いてきたんだけど、さすがに、もう。
 それらを回収に出すために中身やなんかを片付けるといろんなものが出てくるんだけど、中にはとうに亡くなってしまったお義姉さんの結婚写真やなんかもあったり。

 物ってその所有者にとってどんなに必要で価値があるものであったとしても、当事者以外にしたらただの物でしかないらしい。
持っていた人がその必要性や愛着を感じなくなったり、ましてや、亡くなったりしまったりしたら、その時点で完全に役割を終えてしまうのか。
将来展望のないものを、元が高かったからとか、もったいないからとか、申し訳ないような気持ちだけがただ引き留めているだけなら、生かしてやることにはならないわけで。
すでにその存在すら忘れてたものはなかったとしても生活していくには全く困らないのだし、思いきるというより、お勤め御苦労さまでした、くらいの気持ちで処分していかなければ。

IMG_1419.jpg IMG_1418.jpg
一昨年の暮、鉢植えで買ったデンドロビューム(かな?)
地に活けたら、花をつけてくれた

IMG_1311.jpg IMG_1310.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガト♪
関連記事

最終更新日 : 2016-05-17

Comment







管理者にだけ表示を許可