FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 着付け教室 › きっと、なんとか
2016-05-14 (Sat)  00:37

きっと、なんとか

 昨日、スマホの目覚まし利用でマナーモード設定、ってなことを書いたんだけど。
おかげで昨日はゆっくり寝れたというのに、今朝はまたびっくりして目が覚めた。
ガバッと起きて心臓バクバク。
あれっ?、今日は何の日だっけ?、やばい、寝坊した?!、
寝ぼけた頭で思考めぐらし、
そうだった、今日は着付け教室へ行くんだった、
と気がついてほっとした。
時間を見れば、タイマーが鳴るまでにあとまだ20分。
日曜は早起きしなければならないので、こんがらがったらしい。
 夕寝もタイマーが鳴る少し前、5時の広報に
ええ?!、もうこんな時間?、そんな、私、どんだけ寝てたの?!、
とまた泡食って飛び起きたりして。

 大丈夫かね、私。
仕事でそんなにストレス抱えてるつもりないのに、やたら焦ってたり、失敗した夢をよく見るし。
なにやってんだか。

 その着付け教室は今回が3回目。
4月の上旬から始めて、都合で翌週はもう休まなければならなくて、二週間ぶりになったその次は今度は連休で二回続けてお休みだったから、今回は三週間ぶり。
今日は他の生徒さんはおらなんで、私一人でマンツーマン。
「長じゅばんの長さがおかしくなっちゃったから」
と先生もわざわざ着物を脱いで一緒に着ながら教えてくれたんだけど、それでも、なにがなんだか、ということもあって。
 我になく一生懸命聞きながら、言われた通りにしてるつもりなものの、意味がわからなかったり、すぐ忘れるし。
自分みたいな覚えの悪い人間に教えるのはほんと、大変なことだろうと思う。

 帰り際、
「私、本当に覚えが悪くてどうしようもないんですが、ちゃんと着られるようになるでしょうか?」
と聞いたら、
「大丈夫、みんな、ちゃんと着れるようになるから心配しなくて大丈夫。最後にはきちんと着られるようになって、着れなかった人なんて誰もいないから」
「今回が3回目で、前回もその前もずっと進んでる人達と一緒だったから、私もついそんな感じでやっちゃってたから、進むのが早かったからわからなかったわよね。初めての人は言われてることを理解するのも難しいのにね。ゆっくりやりましょう」
なんて言ってくれたけど。

 私、ほんとに大丈夫かな?
ちゃんと着れるようになるのかな、と思いつつも。
車の免許のときはいつもおっかなびっくりで、やってるうちにきっと、と期待するもなかなか上手くならなくて、滅多やたらと時間もお金もかかった。
だけど、あの時に比べたらよっぽど聞く耳は持ってるし、今やいざとなればDVDもつべもあるから、内心はまだなんとかなりそうな気もしてる。
それに、前回は帯を結ぶのに自分がどういう動作をしているのか、どういう状態にあるのかも全くわけがわからなかったのが、今回はなんとなく、ああ、こういうふうになっていくんだ、なんて思えたし。
 とにかくあれこれ考えすぎて、嫌にならないように、面倒くさくならないように。
肌着を着る、長じゅばんを着る、順を追ってひとつひとつ進んでいくしかない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記 ブログランキングへ

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガト♪
関連記事

最終更新日 : 2016-05-14

Comment







管理者にだけ表示を許可