FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › 派遣会社登録と術後3年目の乳がん検診
2016-02-04 (Thu)  00:28

派遣会社登録と術後3年目の乳がん検診

 今日が節分だったってこと、自分はすっかり忘れていたのだけど、先月すでに買ってあったお豆を夫がまいてくれて、はい、と手渡された私の分。
いつも食べきれなくて、なぜか豆好きなリクに歳の分はもちろん、「おかーさんの分も一緒に食べてね」と食べるのを手伝ってもらっていたのだけど、今年からちゃんと自分で食べないと。
そう、リクってば節分のお豆が大好きで、節分が終わっても残ったお豆をしばらくおやつやフードに混ぜたりしたのを喜んで食べたりして。

IMG_1004.jpg 
一袋18粒入りってのをおとーちゃんはちゃんとわかっててくれたのか?

 昨日は乳腺外科の検査予約、そして、その前に派遣会社の登録説明会に行ってきた。
実を言えば、朝、目覚ましに起こされた時はあまりの眠さで面倒くさくなって、行くのやめようか、とベッドの中でちょっとぐずぐずしたりもしてたんだけど、電話をくれた担当のオネエサンの感じがよく、決めたことだもの、と起き出して支度。
 その会社が入っているビルは駅南にあり、病院もそうだけどふだんは駅北方面に用事のある自分はそのつもりで時間を見て出たところが意外に道が空いていて、予定よりもずいぶん早く着くことが出来た。駅の北と南で幹線道路が違うとはいえ、こんなに早く着けるんだと驚いて、これなら、ちょっと遠回りしたところで多少は時間短縮できそうな気もしたりして。

 結論から言うと。その会社はどうもあんまり、といった印象。
って、何かあったってわけじゃないけど。
電話の子(本社?)の対応はよかったけど、支社で説明に出てきたオネエサン2名、余計なことだけど、どちらも肌荒れにネイルの派手さが目立って、二人とも名前を名乗らなかったのは会社の方針なのかもしれないし、聞いたところでこっちもすぐに忘れるだろうし、特に必要ないのかもしれないが、淡々として完全に事務的なのもイマイチ。
まぁ、肝心なのは仕事の紹介であって、先方からしてもとにかく派遣先できちんと働いてさえくれればそれでいいんだろうけど。
とりあえず、2月の今の時期はバイトはあまりないようで、
3月になるとけっこう出てきます。ただ、単発の仕事はあまりなく、あっても毎週土日の8時から17時までというのが主なので週一だけというのは難しい、短時間パートも週20時間以上というのがほとんどなんで、希望に沿えるのはなかなかないかもしれません、ということだった。
用意するものに履歴書の提出はなかったけど、今、この場で指定のアドレスに写メを送って、写真がない場合はここで自撮りして送ってください、っていうのも面白かった。
今はそんなふうに、わざわざ証明写真を撮る必要のないところもあるんだね。

IMG_1008.jpg

 説明会後は病院に行くまでにまだけっこう時間があり、なぜか、ふと、港に行ってみることを思いついた。
コンビニでお昼を買って海でも見ながら食べるつもりでいたところが、干物やなんかの売店や食事処が目立ち、せっかく来たんだから、とふらふら。
だけど、観光客目当てなのか意外に高くてお刺身定食とか1,200円以上、といった感じの所がほとんど。それでも、これまでの自分だったらさして迷うことなく寄ったんだろうけど、今週は前の勤め先で仲良しだった子が結婚することになって週末にお祝いの食事会もあるし、今月はちょっと頑張んなきゃならないし。
とはいえ、美味しそうな大きな玉子焼きのお店、そこと同じかどうかわからないけど、前にもらったことがあって美味しかったんでちょっと迷ったけど購入。
こちらも1,200円でございました。

IMG_0995.jpg

 少し早目に着いた病院ではさして待つことなく、骨密度検査とマンモグラフィーの撮影。
足を曲げて腰から上半身をスキャンという骨密度検査は難なく終わりましたが、マンモはやっぱり痛い。
「はい、では、乳腺を引き出しますからねー、ちょっと痛いけど我慢してくださいねー」
って言うけど、ほんと、痛い。伸ばした腕の脇の下が器械に当たるのも痛くて、歪んだ表情でひたすら、終わりましたー、って言ってくれるのを待つ。
しかし、自分の胸も決して大きいと言えるほどではないが、小さい人はどうするんだろう、どれだけ大変なんなのか、といつも思うけど、聞いてみたら、痛みの強さは大きさには関係ないんだとか。
まぁ、痛い、って言ってるうちには終わってしまうからいいんだけど、年に一度のこの検査もあと2回で終われるだろうか。
関連記事

最終更新日 : 2016-02-04