FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

別れの時は選べない

昨夜はブログ記事を書いてた時間が珍しくいつもより早かったんで、なるたけ毎日更新の形をとれるよう、0時に予約投稿してたつもりが12時の設定になっちゃってて。
後でスマホで確認して気づいたものの、アプリからでは設定時間の変更が出来ないって、ちょっとね。
そういえば、はてなブログもそんな感じで融通が利かなくて、でも、エキサイトはいけたような気がするかな。
まさにターミナルを迎えたリク(90歳の老犬♀)のキビシイ状況は今も続き、完全介護状態になってそろそろ2週間になる。
涙と寝不足で今日あたり、私の目もすっかり腫れてしまって涙袋はたるみに移行しようとしてたりして。苦笑
一昨日からひどい泥状の便、その度に悲鳴に近い声で鳴くようになり、見れば肛門のあたりが腫れあがってる。トイレットペーパーで押さえるように拭いてやってから、抱きかかえてぬるま湯でお尻を洗ってやるのですが、お湯を入れるペットボトルがぼこぼこになってる(捨てるときのかさ減らしにつぶしたものしかなくて)ってのがいっそう情けない。
抱えられるたびにリクも両手を地について、しっぽを上げてはくれるものの、娘が与えたおやつを最後に何も食べておらず、飲んだ水も吐いてしまう状態なので息も絶え絶え。
それでも、便をもよおすたびに自力でなんとしても立ち上がろうとし、こっちの助力でなんとかその姿勢が取れたところで崩れるように倒れ込むという繰り返しではリクにとって生きることはもはや、苦痛でしかない。
今日が日曜、明日が祭日ということもあって昨日は獣医さんの所に連れて行こうか、ずいぶん悩んだ。
延命治療は望んでおらない自分がこの状態のリクを病院に連れて行くことの目的は決まっている。
だけど、本当にそれでいいのか。
気づけば、何度も何度もおでこに手をあててながら、結局、動くこともできずに夜が来て。
娘に話すと
「自分にそれが出来るの? 私は絶対にいやだし、しないよ。出来ないよ、そんなこと。そうでしょう?」
書きたいことはまだまだあるけど、今日はこれ以上書けそうにない。
隣のご夫婦には今日もずいぶん助けられ、救われた。
関連記事

Last Modified : 2016-01-11

* Category : ペット

* Trackback : (0) |