FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › 日常 › なんていうか、なにやってんだか
2015-12-05 (Sat)  01:30

なんていうか、なにやってんだか

 冷たい風が強いながらも晴天だった今日。術創の痛みは昨日ほどのことはなく、やっぱり、お天気が関係してるんだろうかな? 
だけど、傷の痛みは感じても、例えばそこらにぶつけることがあっても、再建胸はエキスパンダーを入れてた時みたいにまさに、ボヨン、みたいに変な感じで痛いとかいうことはなく、自分の身体であってもそうでないような、不思議な感覚。

 今朝はセットしてたスマホの目覚ましを止めたところでメール着信。
「おはようございます 今日もヨロシクお願い致します(^人^)車出して頂けますか 急でごめんなさい」という文面に
えーっ?、なんで急に言ってくる?、昨日のうちに言ってくれればいいのに、なんで今?、なんでこの時間?!
ぎゃいぎゃい大騒ぎで飛び起きてドドドドッと階段下りて、ご飯食べる間もないじゃん!、とブツクサ言いながら、それでも、タスオミンは飲まなければならないから泡食って煮玉子食べて。「わかりました、急いで支度します」と返したメールに「ええっ?!」も付けるべきだったなんてことまで思ったりして、イラッとしてた。
 今日は月に一度受講してる講座の日で。いつも、午前は別の人が運営してる別会場で受けた後、先生をお乗せして自分がお手伝いしてる午後の会場に移動する。午前会場の受講者さんが多いときはお迎えを頼まれて駅まで出向くこともよくあるけど、今回はその連絡がなかったから、ゆっくり家を出るつもりでいたのに。
なんで当日の朝になって言ってくるかなぁ、こっちだって都合があるのに、とトゲトゲした気持ちでいたらもう一人の自分が、
どっちにしたってやるんだから、そんなに怒んないったっていいじゃん。やることにかわりないもん、気持ちよく行こうよ、と言う。
そうだね、イライラして何かあってもよくないし。昨夜のうちに荷物も着替えも支度しといてよかったよ、と思い直す。
 去年まで欠席なしできたけれど、今年は形成外科の受診日がかわったり、入院手術もあったから、久しぶりの講座に急いで支度して向かったおかげで、電車の時間には間に合ったけど。
「来てくれてありがとう。でも、ダレソレさんが急に来れなくなって、車いらなかった」って。カンベンしてほしいよ。
 おまけに。その講座が終わって次の会場にすぐに向かわなければならないというのに、先生に相談したいことがあるという人が、時間を作ってほしいというのはわかるんだけど、ちっとも要領を得ない。そのうちようやく、じゃあ電話で、てな運びになったはいいものの、先生がわざわざ手帳を取りだして、いつはどうでいつはこうで、とやってるもんだから、移動の時間はあるし、下手すりゃ昼も抜きになる、と焦る焦る。そんなん、後で電話なりメールなりで打ち合わせたらいいんじゃないかと思うです。
 そんなこんながあったところで、今日の講座が無事終わっての帰り道。交差点で左折しようとした際に、複数人の歩行者が横断歩道を渡るのを待ち終わり、左側にいたバイクも行ったんで自分も進もうとしたら。右折してきた車が先に動いて私の前に入り込んできた。
右折なのに、なんで左折車より先に進んで割り込みすんの?!
しかも、それが女性だったことにますますムッとして、思わずクラクションを鳴らしてしまった。それも、二度も。
歩行者待ちの時間はけっこう長かったから、その右折車両はもしかしたら信号が変わってしまうかもしれない、と焦ったのかもしれない。もしかしたら、その車両の位置からは私の横にいたバイクが見えなかったのかも入れない。なんて思うものの。
相手に悪いなんてことは思わなかったけど、そんなことでクラクションを鳴らしてしまった自分に驚いた。それも、二度も。
 夜、寝る前に願い事を念じると叶いやすいんだそうで。自分もそうしよう、といつも思ってるけど、布団に入った瞬間に睡魔に引き込まれるから、願い事を浮かべる間もなくて。だけど、ヘボい運転でも事故に遭うこともなく、日々を何事もなく過ごせるのは寝る直前に「神様、今日の一日を無事に過ごせましたことに感謝します。明日もまた、どうぞ一日を無事に過ごせますように」と願うからだ、と講座を聴きながら、心穏やかに思ったりした矢先だというのに。
なんていうか、なにやってんだか。
今日は朝からさもないことで怒ったりして。それも三回も。
入院してた時にずっと怒り続けていた自分にも驚いたけど。
この調子では歳を取ったらどうなるのか? ボケたらきっと大変なことになるんじゃないか、とがんよりそっちの方がオソロシイ。
寝る前のお願いに、少しのことで動じることなく心穏やかに過ごせますように、というのも加えなければ。

IMG_0696.jpg

関連記事

最終更新日 : 2015-12-05