FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › Archive - 2016年01月
2016-01-31 (Sun)

ブログ時間と家計簿時間

ブログ時間と家計簿時間

 今日はお昼頃に昨日登録した派遣会社から電話があって。登録にあたっては説明会を開いており、まずはそちらに参加していただきたいのですが、さっそくですが明日はいかがでしょうか?、とのこと。来週は乳腺外科の検査予約があり、場所的には病院に比較的近いようだったんでその日で依頼。自分の希望は土日のいずれかの単発、もしくは、毎週であれば土日の短時間。いいところがあるといいのですが。 いくつかお気に入り登録して...

… 続きを読む

 今日はお昼頃に昨日登録した派遣会社から電話があって。
登録にあたっては説明会を開いており、まずはそちらに参加していただきたいのですが、さっそくですが明日はいかがでしょうか?、とのこと。
来週は乳腺外科の検査予約があり、場所的には病院に比較的近いようだったんでその日で依頼。
自分の希望は土日のいずれかの単発、もしくは、毎週であれば土日の短時間。いいところがあるといいのですが。

 いくつかお気に入り登録しているブログの中に88歳男性の方のがありまして。80歳で開設され、記事の中心は野菜作り、たまにそれを荒らす猿のこととか。
毎日の更新ではないにしても、ふんだんに写真も入れられ、丁寧な内容にいつも感心してしまう。
なんて、感心とかちょっと言い方が偉そうか。
大体、このくらいの人はこうだとか、勝手な思い込みがあるからついそんな言い方をしてしまうのだけど、だけど、自分なんてその方より25歳も下のくせしてこんなぐだぐだ生活、いい加減な更新の仕方だもん、やっぱりすごいと思うよね。
だけど、あれ、25歳も下? それはそれでまたすごい。なんだ、53歳なんて、まだまだ十分若いではないか。何の世界でだったか、103歳で現役で活躍されてる方もいらっしゃる。アラフィフ程度で歳を取っただの言ってられないわ。
 今日、訪問してたブログの中に「ブログ時間」てな言葉を見つけた。その方、記事の更新時間を「ブログ時間」として日々、ちゃんと時間設定している様子。
そうか、なるほど、なんてまた思う。一日は誰もが同じ24時間、テキトーな時間の過ごし方ではテキトーな生活しか送れるわけがない。自分みたいに何もしない、なんとなくの過ごし方ではブログと言う些細な成果でさえ得られないまま空白に終わる。一生は日々の積み重ねであるというのに。

 去年から始めた家計簿アプリ、なかなかうまくいかなくて。というのも、カメラ撮影したレシートから必要目を取り込んで自動で記入してくれるのはいいんだけど、肝心のカメラ撮影がイマイチ。
画像が取りこめなくていつまでもフリーズしたままだったり(わざわざアプリ削除して再インストールで再起動、で、またフリーズの繰り返しとか)、レシートの読み込みで適当な数字だけを拾ったりで(0円、とか)、結局、手で再入力するみたいなことになったり、分析は役立つけど全体の振り返りも自分にはあんまり合わないみたいで挫折。
だけど、やっぱりお金の動きは把握したいし。通帳には現金を引き出すたびにおおまかな用途とかも書いてるけど、クレカの分もわかってないと困るし、例えば、固定資産税とかNHKの受信料(高給取りのくせに職員のレベルが低くて偏向報道がひどく、ろくな番組作りしてないから、ほんとは払いたくないのに)とか、浄化槽のお掃除代とか駐車料とか、年に何回か定期的に出ていく金額も承知してないとどうしようもないんで、ネットで評判のよろしいらしい家計簿を今日、amazonで注文してみた。
届いたら、1月分のレシートはまだ捨てずにとっといてあるので、まずはそれらの記入から始めることになるけど、さり気に使っているお金がどれだけになってるのか、ちょっとドキドキ。
お金を使うことにいちいち気を遣うのはイヤだけど、背に腹は代えられないもの。

IMG_0956.jpg にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-01-30 (Sat)

迷惑メールとつぎ込ぎアンチエイジング

迷惑メールとつぎ込ぎアンチエイジング

 最近ちょこちょこ届くメール。送信者は「三菱UFJ」とか「イオン」とか「りそな」といった銀行名。どれも件名も内容も文字化けしてしまって読めないけど、HTML表示させると「アカウント」とか書かれてリンクが貼られてるので、おそらく情報の抜き取り目的で来てるんだろうと思う。自分はそれらのどこにも口座を持ってないし、他にもネット管理してる銀行はないのでこういった類のメールはすぐにゴミ箱行きだけど、通販でカードは...

… 続きを読む

 最近ちょこちょこ届くメール。
送信者は「三菱UFJ」とか「イオン」とか「りそな」といった銀行名。
どれも件名も内容も文字化けしてしまって読めないけど、HTML表示させると「アカウント」とか書かれてリンクが貼られてるので、おそらく情報の抜き取り目的で来てるんだろうと思う。
自分はそれらのどこにも口座を持ってないし、他にもネット管理してる銀行はないのでこういった類のメールはすぐにゴミ箱行きだけど、通販でカードはよく使うから気をつけないと。

 パート代のほとんどをアンチエイジングにつぎ込んでる状態の自分。使ってるスキンケア化粧品になんせかかって(っても、その効果を思えば価格に十分値するので「高い」という感覚はないが、それでも高額なのは事実。って、変な表現だけど)、月に一度のエステ、8週間ごとの美容院、2か月ごとのまつ毛パーマ、健康食品、サプリ等々。それぞれに期待を寄せ、それが楽しみだからもちろん出費が苦になることはないけど、それでもやっぱり他にもかけたいものがあるわけで。
今のパート先では時間を増やすことは難しそうだし、どこかいいバイトでもあれば、と思って求人広告や情報誌をパラパラ。ネットでもたまに検索かけたりして見てるけど、なかなか思うようなのが見つからず。
今日はとりあえず、人材派遣会社に登録してみた。土日のいずれか、両方であっても毎週は大変だけど単発で出来ることが何かあればいいかと思うけど、どうかな。
いいところがあるといいのですが。
 そう、アンチエイジングにかけてる化粧品。
普段は普通に正規のネット通販を利用してるけど、私のお財布にはキビシイことは確かなので、今回はちょっと、というときは禁断?のヤフオク利用。
出品者様の中には「この次からこちらからご連絡いただければ、ご希望の商品を○割引でお送りできますよ」とメルアドを教えて下さり、以降はそちらで直接取引してくれる親切な方もおられるのがとても助かり、今回はそれでお願いしてしまった。
ついでにまつ毛美容液に代用してた緑内障の目薬も終わってしまったんで、そちらも個人輸入の薬局に依頼。使用してる方のレビューから副作用回避でちびちび使い、毎晩の連続使用もしてなかったんで(単に忘れたり、面倒だったりして)(^^ゞ、8月から使い始めてからなくなるまで5か月経過。それでも、ちゃんと効果があって特に下睫毛にも存在感がしっかり出てるのだからすごいよね。
今回の注文は3本で3千円程度、自分はそれをおそらく一年以上かけて消耗してくと思うけど、こちらも非常に助かります。

IMG_0971.jpg 

今週は仕事帰りにパート仲間とランチ

IMG_0974.jpg

ここんとこ、こんな感じで食事会が続いてるのもお財布がキビシイ状況の一つだけど、
それぞれに相手が違うし、おつきあいは大事ですからそのどれも欠かせない にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-01-27 (Wed)

8,600円得したらしい、6,480円の出費で

8,600円得したらしい、6,480円の出費で

このところ、スマホに表示されるお天気情報は「物凄く寒い!」が続いてる。昨日は山形の知り合い(というか、15年来のメル友♂ 会ったこともないが、年賀状と初夏にはさくらんぼとお茶を贈りあい、忘れた頃にメールのやりとりという不思議な関係)(笑)から「毎日、雪かきで筋肉痛と肩こりがひどい」という久しぶりにメール。雪こそ降らないものの、こっちも-2度、なんて返したらびっくりしてたけど、それもさすがにこの辺りでは...

… 続きを読む

このところ、スマホに表示されるお天気情報は「物凄く寒い!」が続いてる。
昨日は山形の知り合い(というか、15年来のメル友♂ 会ったこともないが、年賀状と初夏にはさくらんぼとお茶を贈りあい、忘れた頃にメールのやりとりという不思議な関係)(笑)から「毎日、雪かきで筋肉痛と肩こりがひどい」という久しぶりにメール。
雪こそ降らないものの、こっちも-2度、なんて返したらびっくりしてたけど、それもさすがにこの辺りでは一過性のことだけど、雪国の人はどれほど大変なことだろう。
毎朝が雪かきで始まり、雪かきなしには動けない生活、想像するだけで尻込みしてしまう。
今日は出掛け帰りにショッピングモールに寄り道。銀行ATMがいくつも入ってるところなので、給与口座とカードの引き落とし口座が違う自分はお金の移動が一度で済むからとても助かる(振込手数料、もったいないもんね)。
ついでに去年の秋にコートを迷ったお店を覗いてみたら、そのコートはさすがにもうなかったけど、セールで冬物がほとんど半額だったんでチュニックをいくつかあててみたり。
自分はチュニックってあんまり着ないけど重ねるものを考えなくて済むし、冬物はこの間のウニクロのライトダウンでお終いにするつもりだったものの、そこそこ気に入ったのがあったんでちょっと迷いつつも買うことに。
「他にも小物でもいいので合わせて2点の購入で店内の雑貨を1,000円分お付けします」なんて言われて、お店の人はブーツを勧めてきたけど(それも、アシックスのが2,500円)、ブーツはいまあるだけで十分足りてておそらく履くこともないだろうからマフラーに。
そのマフラー、さわり心地に風合いがよくて即決してしまったんだけど、帰って来てみたら4,900円のが2,000円になってた、それも、メイドインおフランスのが。ラッキー(って、ちゃんと見て買えよ)。
チュニックは7,900円が4,000円、プレゼントの雑貨は1,800円のがこれまた900円になってた急須ということで、全部で8,600円得したらしい、6,480円の出費で。
その後、本屋さんに寄ってみたところで特に欲しい本もなく。それでも、これまでの自分だったら、せっかく来たんだから、とあちこちうろうろして、へぇ~、なんて少しでも興味がわくものだったらすぐ買ってたろうけど。
IMG_0969.jpg
そういえば。
昨日、好きな女優さんのことを書いたけど、佳奈晃子さんもそのひとりだった。きれいで芯が強い感じがとても。
だけど、いつだったか、借金で大変なことになって100均の化粧品を使ってます、仕事を下さい、みたいなことをトーク番組の中でだったか言ってるのを見てえらいびっくりしたことがあった。
あんなにきれいでイメージを売る仕事をしてる人が100均の化粧品を使ってて、それを公言しなければならないほどの状況って。
しかも、今見てみたら、重度の腎臓疾患から今はくも膜下出血で脳死、植物人間状態らしい。「極道の妻たち」の身体を張った演技が真っ先に浮かぶのに。そんな、あまりに哀しすぎる…。 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-01-26 (Tue)

好きな女優

好きな女優

 今日もずいぶん冷え込んだ一日だったけど、そのわりに寒さを感じるどころか、逆に暑いくらいなのはなんで?、と思ったら。背中に貼ったホッカイロのおかげ。不思議なことに、同じ貼るでもお腹よりも背中の方が温かいんですよね。寒さのせいか、手術痕もけっこう痛むことがあって、特に胸の左側にある創のが強い。まぁ、そこは何回も切ったところで、皮膚はもちろん、中もかなりに傷ついたであろうから仕方ないけど。その胸の感覚...

… 続きを読む


 今日もずいぶん冷え込んだ一日だったけど、そのわりに寒さを感じるどころか、逆に暑いくらいなのはなんで?、と思ったら。背中に貼ったホッカイロのおかげ。
不思議なことに、同じ貼るでもお腹よりも背中の方が温かいんですよね。
寒さのせいか、手術痕もけっこう痛むことがあって、特に胸の左側にある創のが強い。
まぁ、そこは何回も切ったところで、皮膚はもちろん、中もかなりに傷ついたであろうから仕方ないけど。
その胸の感覚はエキスパンダーを入れてる時と今もさして変わらないけど、いずれは普通の感覚に戻るんだろうか。

 テレビをあまり見ないとはいえ、ご飯を食べてる時は家族がつけた番組をなんとなく見たりすることも多く(ちなみに、俗にバラエティと言われるものは品のないことを言うお笑い芸人とかタレントによってはかえてもらったり)、月曜日の夜は大体、「鶴瓶の家族に乾杯」。この番組って、自分たちくらい以上の年代の人はよく見てる気がします。田舎のごく普通の人達が出てきて、作りました感がないのがいいのかも。
今夜のゲストは木村佳乃ちゃん。
番組の中でデビュー作の彼女の映像が出てきましたが、全然変わってなくて、というか、もちろん、大人になってるんですが、歳の取り方に全く無理がなくて、佳乃ちゃんはきっと整形してないんだろうな、とますますの好感度。
私は自分の好きな女優さんとか芸能人は友達でもないのに「ちゃん」付することが多く、松たか子ちゃんも手を加えてる感がない自然体がとってもいい。
二人とも着物がよく似合うしね。いいなぁ、って思う。
自分より年が上でも下でも、歳の取り方に無理がなくて着物が似合う人が好きですが、吉永小百合は外見はいいけど、思想的なところがいただけない。
いずれにしても、外見だけにこだわってそれを磨くだけでは歳を取れば取った分だけ、なお、人としての魅力に欠けるような。
何の取り柄もない私。あっちこっち見てるわりには未だにこれというものがないのがなんとも…。



松たか子ちゃん主演、木村佳乃ちゃん共演の映画「告白」

IMG_0953.jpg

本文とは全く関係ない、先週いただいたランチで締めに出てきたデザート にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-01-25 (Mon)

二重瞼の間隔事情

二重瞼の間隔事情

 今日は予報通りにずいぶんと寒い一日。夕方、車に表示された外気温は2度。車の中でもひざ掛け毛布が手放せない。明日は朝から仕事だけど、寒くて動作がのろくなるだろうから、少し早めに起きないと。 40歳頃のことだったか、今の自分よりもうちょっと上、会社でまさにアラカンの人が「私も若い頃はガーコさんみたいに目の二重もはっきりして間隔があったのに、それが薄くなって狭くなっちゃって。歳を取るとそうなるんだよねぇ...

… 続きを読む


 今日は予報通りにずいぶんと寒い一日。
夕方、車に表示された外気温は2度。車の中でもひざ掛け毛布が手放せない。
明日は朝から仕事だけど、寒くて動作がのろくなるだろうから、少し早めに起きないと。

 40歳頃のことだったか、今の自分よりもうちょっと上、会社でまさにアラカンの人が
「私も若い頃はガーコさんみたいに目の二重もはっきりして間隔があったのに、それが薄くなって狭くなっちゃって。歳を取るとそうなるんだよねぇ」なんて言ってたことがあった。
その時は、そうなのかなぁ?、なんて感じだったけど、今の自分はまさにそう。
左目の二重の間が狭くなってきて、なんだか奥二重に移行しつつあるような。
これまでもたまにそんなことがあったところで疲れか何かが関係してたのか、気づけば元に戻ってたのが、最近はけっこう続くようになってきて、今やそれが当たり前になってきそうな気配。
これって、まぶたにハリがなくなってきたってことなのか。
とりあえず、アイテープやらアイプチみたいなの買ってきて自分なりに「修正」したりしてるものの、なかなかうまくいかなくて、特に糊状のアイプチみたいなのは洗顔の時に剥がしてみるとかぶれたみたいになってて、その後がまたちょっと困る。
歳の分だけいろいろ出てくるのは仕方ないけど、だけど、やっぱりヤダよなぁ…。

IMG_0964.jpg
にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-01-24 (Sun)

騒がれてこその存在

騒がれてこその存在

 大寒波到来とのことで、炬燵に入っている分にはささやかながら温かい幸福感に浸れてても、そこから一歩出ればファンヒーターでもつけなければ家の中ですら冷蔵庫の中にいるよう。しかし、そのファンヒーターはすでに10余年選手(と思ってたけど、確認したらちょうど20年て、成人式迎えてリクより長生きしてるじゃん汗)、温風を出すにはたくさんの燃料をくわずにいられないようで、灯油のポリタンクを一週間で空けてしまうほど。...

… 続きを読む

 大寒波到来とのことで、炬燵に入っている分にはささやかながら温かい幸福感に浸れてても、そこから一歩出ればファンヒーターでもつけなければ家の中ですら冷蔵庫の中にいるよう。
しかし、そのファンヒーターはすでに10余年選手(と思ってたけど、確認したらちょうど20年て、成人式迎えてリクより長生きしてるじゃん汗)、温風を出すにはたくさんの燃料をくわずにいられないようで、灯油のポリタンクを一週間で空けてしまうほど。
こっちも給油が面倒だし、節約のためにも出来るだけ点けないようにしてたり、設定温度も低めにして対抗してるけどさすがにちょっと無理がある。
それ以外は言うことなく頑張って働いてくれていますが、いかんせん、来年あたりは換え時かも。

 あんまりテレビを見ることのない自分にはよくわからない話ですが。
最近の話題の中心はSMAPの解散劇?とベッキーの不倫?
私からしたらどっちも、そうなんだ~、って感じだけど、SMAPの皆さん、もう40代でしたっけ?
テレビつけてれば誰かしら見ない日はないし、事務所から独立してもたまにグループとして歌ったりしてくのかな、なんて勝手に思ってたけど、そんな単純で簡単なことではなかったようで。
スマホに「今夜、生出演で事情説明」みたいなニュー速が入ってきて、後でネットにあがってた彼らの「説明」は、騒ぎを起こして申し訳ありませんでした、みたいな完全な謝罪?だったらしい?
なんか、いくらお金をたくさん稼いで経験を積んできたところで、自分の立ち位置すら決める自由がないってことなんかな。気の毒に。
事務所からしたら、誰のおかげで大きくなれたと思ってるのか、ふざけんな、これからもずっとこれまで通りやってくに決まってるだろーが、ってなことなんだろうかね。
そうだとしたら、傍からすれば、お世話になった恩返しはもうとっくに十二分に出来てるように思えるし、金のなる樹はまだまだ他にもいっぱい抱えてて、なおかつ、すくすく育ってるのも多々ありそうだけど、だけど、その数は減らしたくないってことなのか。
今回の件は結局、そのままうやむやになってそのままフェードアウト、彼らにはいっそう重い足枷を嵌められることになるとしたらますます気の毒。
ベッキーの不倫騒動も、タレントによくあるスキャンダルを、なにをそれほど取り立てなければならないのかと思うけど、勤め先の人いわく、CMにもいっぱい出てて好感度が高かったのに意外だから、なんだとか。そうなんだ。
来る日も来る日もこんだけ騒がれて、当人たちは落ち着いて眠ることも出来ないんじゃないかと思うけど、ああいった世界にいる以上はやっぱりそれでも騒がれるうちが華なのかな。

IMG_0942.jpg

記事には関係ないけど、先週いただいた細麺のさぬきうどん にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-01-23 (Sat)

形成外科受診で非常識極まりないジジイに驚く

形成外科受診で非常識極まりないジジイに驚く

-拍手コメント、ありがとうございました。嬉しいです、ありがとうございます。- 実は「どんな形であれ、毎日ブログ更新」というのを今年の目標の一つにしてたのだけど、週明けの前回から今日はもう週末。リクが死んでしまってから以降はなお、ふぬけみたいな、ぽかんとした生活で張り合いがないのは事実だけど、そうは言っても、そんなして自分がサボっているのをリクのせいにしていいはずもない。今週末は記録的寒波だそうで、...

… 続きを読む

-拍手コメント、ありがとうございました。嬉しいです、ありがとうございます。-


 実は「どんな形であれ、毎日ブログ更新」というのを今年の目標の一つにしてたのだけど、週明けの前回から今日はもう週末。
リクが死んでしまってから以降はなお、ふぬけみたいな、ぽかんとした生活で張り合いがないのは事実だけど、そうは言っても、そんなして自分がサボっているのをリクのせいにしていいはずもない。
今週末は記録的寒波だそうで、外飼いのリクは冬の夜は玄関に入れたりしてたのが去年あたりからボケのせいか、おしっこで外に出ると自分のねぐらに帰ってしまうので、毛布にホッカイロ、バスマット等で出来るだけ寒くないようにしてたけど、今はもう寒い思いをしないで済む。

 今日は手術から三か月、形成外科の受診日。時間の計算を間違えてただでさえ出るのが遅くなってしまった上に車に乗ってからバッグにスマホが入ってないのに気づいて取りに戻ったら、あるはずのところになくて思い違いかとまた車に戻ればやっぱりないので家の中を捜す、というマヌケぶりでますます遅くなってしまった。
それでもだいぶ来たところでそろそろ車線変更と思ったら、前方を走ってた軽が車間距離がほとんどとれてないのに関わらず、車線変更しようと手を振って無理に割り込みしてるのに驚がく。
割り込まれた車も驚いたろうけど、さらに驚いたことに信号待ちの車から降りてきたジイサンはその車に道を聞いてたのかな、身振り手振りでなにかやってて、信号がかわって走り出したと思ったら、また窓から出した手を振って元の車線に戻ったりして。あれでよく事故が起きなかったと思うけど、割り込まれた車もそうだったけど自分もクラクションを鳴らして怒ったに違いない。
いつだったか、10年以上前かな、バイパスを逆走してた車に遭遇したことがある。乗っていたのは老夫婦。
幸いなことにそれほど混んでなくて見通しがよく、カーブの向こうに前から車が来るのが見えたんでうまく回避できたけど、助手席にいた自分も驚いたと同時に恐怖。
その車がどうなったのかわからないが、事故のニュースを聞かなかったのでどこかでうまく降りれたのかもしれない。
 高速の逆走やアクセルとブレーキの踏み違え、猛スピードでお年寄りが大事故を起こして幾多の若い命が犠牲になる事件が絶えない。
年寄りから免許を取り上げろとは言わないが、例えば半年に一度とか、自動車学校みたいな場所での実技チェックや交通法規の把握確認の義務化は絶対に必要だと思う。任意チェック以外は視力検査やビデオ視聴だけで更新を許可するやり方は現状に全く合ってない。
 そんなことを思ってたら、病院から「今日は11時で診療の予約が入ってますが」という電話、車の時計は11時4分。
「すみません、すみません、今どのあたりで、あと10分くらいで着けると思います、すみません」と平謝り。
前先生の時は待つことなど滅多になかった形成外科で、月一先生に診ていただくようになっていつも大体30分、長いときは2時間待ちになってたのが、今日に限って時間通りになるとは。
「わかりました、慌てないで気をつけて来て下さい」と言われたところで、急がずにはいられない。
駐車場に車を停めて泡食って診察室に向かうも、エレベータでは中にいた人が先に降ろしてくれたり、ドカドカ走るハイヒールの音に前を行く人が道を空けてくれたりと申し訳ない情けなさは年寄りの迷惑行為を指摘する立場にない。
 結局、予定より15分以上遅れて診察室に入り、遅刻で病院から電話があったのも、先に上半身裸になって席を外された先生が来るのを待つなんてことも今までなかったこと。なんていうか、53にもなって情けなさすぎるよ、ほんと。
肝心の受診ですが、
「再建胸が健側よりも大きいのは今後もそれほど変わらないでしょう。」
術痕のテーピングも再建乳頭の保護ガーゼもあと3か月くらいは必要なので続けてください。
胸の下の術創が浸出液でベタベタするのもまだしばらく続きます。
左右の大きさの違いが気になるようであれば一年後くらいに脂肪吸引しましょう、ということだった。
ずっと気になっている、胸と胸の間に出来てる△の盛り上がりについては、おそらくそれまで乳腺で押さえられていた組織が乳腺がなくなったことでそうした形になっているのかもしれず、手術の時に確認したら余分なものはなかったので、脂肪吸引するほどの脂肪もないから削ることは出来ないし、変に取ろうとすれば正常組織を取ることになって反動でもっと大きく出てくるのでは、という話に。
なんていうかな、今日の受診で失ったものは取り戻せないんだと改めて実感した。
 修正手術から3か月経ったところで再建胸の大きさについては術前と大差なく、作ってもらった乳輪の大きさも健側のとは全然違う。
左右全く同じというわけにはいきません、と前回も今回も言われてたけど、持って生まれた、神様が与えてくれた失くしものを人間が創ることはプロ先生の腕をもってしてもやはり難しいわけで。
再建のことを相談した甲状腺の先生が「形成は自分がそれをどう思うか、ということだから」と言われてたことや、再建の講演会で会った人が「人には、きれいねー、全然変わらないねー、って言われても自分では、そうなのかなぁ?、って思っちゃう。やっぱり、元あったものを取り戻したいじゃない。だから、やっぱり、違うよなぁ、って思っちゃうんだよね」と言ってたことを思い出す。
創のひきつれが取れれば多少の変化は出たところで、もうそんなには変わらないらしい。
それでも月一先生や前先生をはじめ、多くの方が携わってくれてようやく出来た胸だもの。文句を言うのはバチアタリだし、そういうものと思って受け入れる他はないのかも。

IMG_0963.jpg

冷たい風、火曜日の海も荒れていた にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-01-18 (Mon)

戌の日で安産祈願

戌の日で安産祈願

 さっきから雨が降り出した。しばらくぶりにまとまった雨になりそうで、字が書けるくらいに埃だらけの車も明朝にはちょっとは見られるようになっているだろうか。っても、今週は給油の時にポイントサービスで久しぶりに洗車してもらおうと思ってるけど。戌の日の今日は神社さんへ安産祈願のお参りに行ってきた。 娘に妊娠を告げられたのは先月下旬。婿さんと一緒に突然やってきて、「私、こんなの持ってるんだから!」とバッグか...

… 続きを読む

 さっきから雨が降り出した。しばらくぶりにまとまった雨になりそうで、字が書けるくらいに埃だらけの車も明朝にはちょっとは見られるようになっているだろうか。っても、今週は給油の時にポイントサービスで久しぶりに洗車してもらおうと思ってるけど。
戌の日の今日は神社さんへ安産祈願のお参りに行ってきた。
 娘に妊娠を告げられたのは先月下旬。婿さんと一緒に突然やってきて、「私、こんなの持ってるんだから!」とバッグから取り出した手帳にてっきりいつも用意してくれる新しい手帳だと思ったら、なんと、母子手帳!
びっくりして涙がぶわーっ、「おとうさん、おとうさん!ムスメがこんなん持ってきた!」と慌てて奥にいる夫に知らせに走った。
ケーキまで買ってきてくれたところに、落ち着いてからと思って、とそれまで黙ってた娘夫婦の気遣いを感じた。
リクにも買ってきたおやつをあげながら頭を撫でたりしてたので、きっと、赤ちゃんが出来たから生まれたら遊んでやって、なんてなことを話してたんだと思う。
戌の日を前に、安産祈願にはどこに行ったらいいのやら、と思ったところで、そうだ、火の中で赤ちゃんを産んだ木花咲耶姫を御祭してるお浅間さんに行けばいいんだ、と気がついた。浅間神社は娘のお宮参りに行ったところでもあり、私の節目はいつもお世話になってきた。
 小正月も過ぎたものの、お浅間さんはけっこうな賑わいで、初詣ツアーなのか観光バスも多く、また、友引で赤ちゃんのお宮参りも多いようだった。社殿の中で神主さんのお祓いを受けているたくさんの後ろ姿に、あと何か月かしたら自分もその中で新しい命の誕生に感謝しながら無事な成長を願っていることを思うとしぜんと口元がほころぶ。
腹帯も売っているとのことだったので社務所で聞いてみると、残念なことに扱っているのはさらしの腹帯のみということで断念。桐の箱に入った安産祈願のお守りをいただき、赤ちゃん用品専門のお店でガードル式のを買って帰ってきたが、なんせ、参拝の時に混んでいたので落ち着いて自分の身分とその願いごとをお伝えできなかったのがいかんせん心残りなので、また改めて行って来ようと思う。
神社周辺では近くにある造り酒屋の蔵開きで、そちらも賑やか。
 だけど、自分がおばあちゃんになるなんて、自分に赤ちゃんができた時以上に不思議な気分。
おばあちゃん、て呼ばれるのを嫌がる人も多いけど、私はおばあちゃんで十分。だって、この私がお祖母ちゃんになれるんだもの。
実家では大祖母ちゃんになる母がお赤飯をふかした上にお蕎麦まで打って、煮物やかき揚げ、ナマスにお葱まで刻んで待っててくれた。

IMG_0946.jpg
IMG_0947 (編集済み)

娘の安産はもちろん、リクのことも願って霊犬神社にも行ってきたい にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-01-16 (Sat)

別れの挨拶

別れの挨拶

昨日、リクと前にいた犬の火葬が違ったことでなんとなくネット検索していて気づいたのだけど。シロ(前の犬)の時は郡部だった我が町は動物の火葬はよそにお願いすることになっており、隣市の会社に勤めていた夫が職場の人に教えてもらって行ったのがクリーンセンターだった。その後の合併で今では政令指定都市の一部となり、市のHPの指示に従って今回、斎場に向かったわけだが、てっきり隣市も今はそうなっているんだとばかり思っ...

… 続きを読む

昨日、リクと前にいた犬の火葬が違ったことでなんとなくネット検索していて気づいたのだけど。
シロ(前の犬)の時は郡部だった我が町は動物の火葬はよそにお願いすることになっており、隣市の会社に勤めていた夫が職場の人に教えてもらって行ったのがクリーンセンターだった。
その後の合併で今では政令指定都市の一部となり、市のHPの指示に従って今回、斎場に向かったわけだが、てっきり隣市も今はそうなっているんだとばかり思ってたらそうでなく、動物の火葬は今でもクリーンセンターで行っている。ついでに私の出身地を見てみれば斎場での受け付けにはなっているものの、手数料が全く違って我が市のなんと5倍。
近隣の行政区ではあっても扱いがずいぶん違うのに驚くが、施設を作った時の事情や予算もあるから仕方のないことではある。
だけど、だったらシロの時もこっちも確認してやればよかったと思ったり。
今日は役所にリクの死亡届の電話をしたところ、これでリクの存在が記録の上でも抹消されてしまうのかと思ったら言葉に詰まって絶句してしまった。
電話に出た男性職員の声は気遣いあるもので、きっと多くの飼い主さんがそんな感じになるのかもしれない。
帰ってからお世話になった隣のお宅に挨拶に伺うと、やはり涙があふれて仕方ない。
リクが亡くなった12日は隣の奥さんも仕事が休みとのことで、看取りの時こそ不在だったものの、ずっと一緒にいてくれた。
ふたりでリクの身体をさすりながら思い出話をしてるとリクも何回も鳴いて、それはまるで会話に加わるようでもあったり、こんなふうに寝かせてないで早く散歩に連れて行ってよ、とせがんでいるようでもあったり、奥さんは「きっと、ありがとう、ってずっと言ってたんだよ」と言ってくれた。
近所のポンちゃんのおかーさんとおばーちゃんは散歩で会うたびに声をかけてくれ、おやつをもらうことも多かったので、リクの食べきれなかったご飯やおやつを持って行った。
中には開封したものもいくらかあって、さすがにそれはどうかとも思ったけど、どうしてもそのまま捨てる気にはなれずに、リクが食べられなくなっちゃった分せめてポンちゃんに食べてもらえたら、と伝えると喜んで受け取ってくれた。
ご近所のシロはやはり、すでに亡くなったとのことだった。
そんな話をしてたらその隣宅で飼ってるのはトイプーかな、2匹出てきて、人懐こい洋犬は初めての私の口元もぺろぺろなめたり。
ポンちゃんのおかーさんとおばーちゃんは20年は生きてもらわないと、なんて言ってたけど、私もずっとそんなふうに思ってて年に一度の検診に連れて行くたびに晩年のリクを、とても年齢には見えないですね、と獣医さんにも言われてたのに。
まだ2歳かそこらのトイプー達は元気いっぱいで、リクがまだ子供の頃に「リクちゃんは若くて元気でいいね」なんて老犬を連れたサトウさんが言ってたことを思い出した。
DSCN0137.jpg
隣宅の玄関先でおすまし 隣家のご夫婦撮影 にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016-01-14 (Thu)

全ては思い出の中に

全ては思い出の中に

前の犬の時は20数年前のやはり今時分、風花が舞う寒い日だった。夫は仕事だったから、当時まだ幼かった娘と長男も連れて一緒に火葬に向かった。その犬もリクとかわらない大きさの中型犬だったが、娘の記憶の中では大きい犬としてインプットされているらしい。当時はゴミ焼却施設の一角に動物用のそれがあり、ゴミにまみれて焼かれるわけではないにしても、その熱を利用して焼かれてたのはやはりさびしい。今日も冷たい風でこの冬一...

… 続きを読む

前の犬の時は20数年前のやはり今時分、風花が舞う寒い日だった。夫は仕事だったから、当時まだ幼かった娘と長男も連れて一緒に火葬に向かった。
その犬もリクとかわらない大きさの中型犬だったが、娘の記憶の中では大きい犬としてインプットされているらしい。
当時はゴミ焼却施設の一角に動物用のそれがあり、ゴミにまみれて焼かれるわけではないにしても、その熱を利用して焼かれてたのはやはりさびしい。
今日も冷たい風でこの冬一番の寒い日になったけれどお天気が良かったから、散歩好きで明るい性格のリクの旅立ちにふさわしかったように思う。
昨夜は仕事でリクとお別れできなかった隣のご主人が夜勤明けなのに夫が出てくるのを待って見送ってくれたそうで、そんな話にまた涙がこぼれる。
今では小動物は斎場の一部で合同火葬してくれるということだったので、一昨日休んだところにさすがに今日はパートを休めないから、そちらへは夫に行ってもらった。
昨日が友引だったこともあって夫が着いたときにはすでに五体運ばれていたらしいとのこと。
ちゃんと焼香台にお線香も用意されていたそうで、夫が帰ってくるときに箱を持ったご夫婦とすれ違ったということだった。
それぞれの家族が家族同然の存在を失った哀しみにくれ、リクもまたその子たちと一緒に煙になって昇っていく。
記録としても昨夕のリクとの別れを残しておきたいところだけど、今はまだちょっと書けそうにない。
ただ、リクを知らない間に一人で逝かせることはさせたくなかったから、その点だけは救われた。
新しい思い出を作ることはもう出来ないけれど、リクにしてもオカメのロンにしてもセキセイのタヌ君にしても、それから子供の時に一緒だったネコのミーにしても、これからも絶対に忘れることはないだろう。
DSCN0140.jpg
6歳の頃のリク 隣家のご夫婦撮影
DSCN1281.jpg にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村