FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › Archive - 2016年01月
2016-01-01 (Fri)

53歳にして生まれて初めての初日の出

53歳にして生まれて初めての初日の出

 大晦日の昨日(と言ってもこれを書いている時点ですでに一昨日)はいつも通り8時まで仕事。いつもは何かしら夕飯の支度をしてから出勤するのだけれど、一週間くらい前だったか、大晦日は仕事なんでお寿司かお刺身買って食べてて、と夫に伝えてあったのにそんな話をしたことすらすっかり忘れ去られていた様子。おかげで夫も長男も冷蔵庫にあるもので適当に済ませたらしく、私も、なんで大晦日なのにこんなん?、なんてぼやきなが...

… 続きを読む


 大晦日の昨日(と言ってもこれを書いている時点ですでに一昨日)はいつも通り8時まで仕事。いつもは何かしら夕飯の支度をしてから出勤するのだけれど、一週間くらい前だったか、大晦日は仕事なんでお寿司かお刺身買って食べてて、と夫に伝えてあったのにそんな話をしたことすらすっかり忘れ去られていた様子。
おかげで夫も長男も冷蔵庫にあるもので適当に済ませたらしく、私も、なんで大晦日なのにこんなん?、なんてぼやきながらの一人の夕飯。
一人でいるときは普段ほとんどテレビを見ることがない自分(見てもFOXやスパドラとかの海外ドラマ)、普段は早寝早起きだけど大晦日だけは深夜にお蕎麦を食べて1時くらいまで起きている夫が「もう寝ます」と早々に寝てしまったので、紅白もゆく年くる年も見ていない。
もっとも、紅白については嫁いできた頃からすでにあまり見ていないかな。
ネット情報によれば今回の司会は黒柳徹子だったそうで、評判はあまり芳しくない様子。だけど、日中、たまたまつけたテレビで「徹子の部屋」なんかをちょろっと見かける限りでも十分わかる気がする。だって、入れ歯が合ってないのか、何を言っているのか全くわからないもの。あれでゲストの人はよく会話ができるもんだと思うけど、台本があって事前の打ち合わせがあるから成り立つんでしょうね。だけど、視聴者はそのゲストの返答から徹子女史が何を言っているのかを判断してるような番組を延々と続けてるってどうなんだろ?
12時過ぎにお風呂から出てきた長男とお蕎麦を食べて、カレンダーや国旗の支度をして寝たのは2時半頃だったか。
 明けて元旦の今日は生まれて初めての初日の出を見ようと頑張って早起きしてみた。3時間くらいしか寝てないところへ、30日のお餅つきの疲れもあってやっと起きた感じ。
ようやく眼覚めた布団の中で、眠いし寒いしちょっと迷いもしたものの、ブログで書いちゃったし、と身体を起こした。
家を出たのは6時15分くらい、外はまだ薄暗かった。
冷たい空気にフードをかぶったところで、風が強くないのがありがたい。
以前は河沿いに歩いていた散歩コースは最近は海岸線を歩くようになり、そちらに向かうとやはりけっこうな人達が初日の出を待っていた。それが多いのか、少ないのかはわからないけど、私がカーカー寝てる間にこんなふうに新年を迎える人達がいたことを改めて知る。
この辺でいいかな、と思ったところで日の出を待つも、歩いている時は暑いくらいになっても動かないでいるとやはり寒くなるので、周辺をうろうろ。
富士山が少しずつ紅くなり、水平線の向こうから徐々に昇ってくる太陽はいつもと同じだけどいつもと違う。
なんとなく自然に手が合わさって、気づいたら、新しい年をありがとうございます、この一年もどうか無事に過ごせますように、娘に元気な赤ちゃんが授かりますように、と願っていた。
この一年、どんな一年になるだろう? 心豊かで穏やかな充実した人生を送りたいといつも思ってるけど、そのためには何をなすべきか。のんびり生きる事とだらしなく生きる事は違うことだけは確かだ。
 帰りは河川敷にまわるとまだ7時過ぎと言うのに野球の試合があるらしく、準備運動してる中学生?高校生?達の周りでは大勢の親御さんの姿もあって元旦朝の過ごし方もいろいろだ。

IMG_0875.jpg
家を出てきたばかりの頃

IMG_0883.jpg
IMG_0878.jpg
だんだん富士山が紅く染まっていきます

IMG_0876.jpg IMG_0877.jpg

IMG_0879.jpg IMG_0881.jpg

IMG_0882.jpg