FC2ブログ

アヒル番外地

すでに人生半世紀、朝昼晩につれづれに

Top Page › Category - モノと私
2019-06-05 (Wed)

人生の選択と整理

人生の選択と整理

先週末はそれを知ってから、ずっと楽しみにしてた「人生が輝く整理収納術」というタイトルの講演会。どのくらい楽しみにしてたかというと、その前にすでに入っていた予定をキャンセルして、毎晩そのチラシを眺めてはこれはと思う所をマーカーでいくつも印づけしたり、意気込み?みたいなのを雑記帳に書いたりとか。(笑)で、以下、その時の備忘録。先生にいただいたレジュメをもとに、その場で聞いたこと思ったことのメモ書きと合わ...

… 続きを読む


先週末はそれを知ってから、ずっと楽しみにしてた「人生が輝く整理収納術」というタイトルの講演会。
どのくらい楽しみにしてたかというと、その前にすでに入っていた予定をキャンセルして、毎晩そのチラシを眺めてはこれはと思う所をマーカーでいくつも印づけしたり、意気込み?みたいなのを雑記帳に書いたりとか。(笑)

で、以下、その時の備忘録。
先生にいただいたレジュメをもとに、その場で聞いたこと思ったことのメモ書きと合わせ、後でまた改めて思ったり気づいたことを書きだしてみた。


整理とは、人生を変える力があり。
人生は大中小に関わらず全てが選択、その選択の積み重ねが人生であり、その人の生き方。
物にはすべて役割と義務と責任がある。
整理にはさまざまなものがあり、時間の使い方、住まい、人間関係もその一つ。

老前整理には気力・体力・判断力が伴い、物と生きる、物との付き合いを見定める。
生前整理は自分のためのものとお金、
終活整理は死後のことや仏関係について。

物も情報も溢れていて、日常があっという間に過ぎていく。

探し物をすることは人生にとって無駄なことであり、
収納場所は大きければ大きいほど入れたくなるから、広くたくさん作ることは解決にならず、
整理収納は何のためにするのか、どんな暮らしがしたいかが目的。

全ては自分の選択からその「モノ」があり、「とりあえず」は「棚上げ」「後回し」。
とりあえずの生活は後回しの生活。

捨てたくなければ、共に生きる覚悟が必要。
心に向き合い、選択し、決断し、行動し、量を見極める。

整理整頓は見た目よく整えること。
整理収納はあるべき所にあり、使いやすくすること。
片付けは使ったら戻すこと。
物が多いと掃除しにくいしできないし、インテリア(装飾)もできない。
人に使われるために存在するのが物。

5年後、10年後の未来の自分を見据え、過去を思うのでなく、未来を想像(創造)、思い描く。

整理収納の方法について
①整理することは、不必要を取り除き、区別すること
②収納とはスタンバイのための定位置決め
③維持管理は快適のための循環

もったいないと思うことは愛情であり、思うならば活用すること

整理することは、不必要な物を取り除くこと
使っているか使っていないか
自分が決断しなければ、物は出て行かない

物の本質を見極め、目的別・種類別に仕分けし、使用頻度別に定位置を決め、
取り出しやすくしまいやすく、整理したものがごっちゃにならないように、
自分にとってラクな方法(箱、引き出し、棚、吊り下げ)で80%を収納する

維持管理のために使ったら戻すという片付けをしっかりして、購入に注意する

適量とはそこに入るだけの量、適正量とは自分にとっての必要量

整理収納術を生かすことはすべての環境を整えること

思い出の品は使ってる使っていないの仕分けでなく、まとめて整理しておき、思い出をあちこちに置かない

整理 → 収納 → 維持管理
仕組みを常に見直して、戻しづらかったら物が多いか戻しにくいので、再び収納しやすくする


特に心に残った思ったこととして。
モノには威力があり、自分で選択決断しなければ出て行かないし、
そのモノにも役割や義務や責任があるということ。
モノは人に使われるために存在し、それを活用、任務を果たしてやれないのは自分に責任があり、もったいないと言いながら、無駄にしていること。
「とりあえず」にするのは「後回しの人生」を自ら選択していることである。
それは一緒に生きたい、寄り添いたい、ずっとつきあいたいものですか?


まずは今週中に自分が今いる部屋を整理、片付けます。
机の上、周り、後ろに控えてる戸棚。
そして、着物を着たりしてる部屋、それから、洋服類。
台所、食器棚、冷蔵庫。

目標を定めないと。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記ランキング

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪