FC2ブログ

お茶会に行ってきた その3


 暑い暑いばっかり言っていて、お茶会の話がちっとも進みませんが。

 ささやかなれどうちの庭、オカメのロンが死んでしまった頃からなぜか黄色いゼフィランサスの花が咲くようになり、特に世話をするでもないのに、7月から9月にかけてまばらに賑やか。
まばら、というのはほかにも雑草が伸びていてその合間をぬって咲いてるからで、下手に雑草を抜くとたまにゼフィランサスが混じってしまうから、今の時期はちょっとどうしようもない状態。
と言い訳。草ボーボーは今の時期に限りませんね。(^^ゞ

zefiransasuiero.jpg
ポンパレモールからの拾い画像ですが、こんな花です
ロンの立ち日は9月15日ですが、この花が咲くと咲いてる間中、ロンがずっと一緒にいてくれてるみたいに感じる
でも、天候不順だったせいか今年はいつもに比べたらだいぶ遅く、量も少ないのが寂しい

 さて、お茶会の日のお話の続きを。
 自分は着物も着てないし、お茶の心得やお作法は全くないものの、そこにいるだけでなにかとても嬉しいのはいつもと一緒で朝のご挨拶も済み、
では、今回のお菓子は、とお菓子が並んだテーブルに向かおうとしたら。
あなたに紹介したい人がいるから、と先生に呼ばれ。
そんなことはこれまでになく、どんな人だろう?、とついていった先にはすっきりとした訪問着姿の方。
「この方、あなたに似てるでしょう? 私はいつもそう思ってるの」
と紹介くださったのは年齢は私よりちょっと上くらい?のとても綺麗な方。
「ドコソコに住んでるんだって。あなたもそうでしょう? ずっと紹介したいと思っててね」
偶然にも私と同じ町内なのだそうで、名字を言ったら
「ナントカされてる方ですよね?」
となぜかすでに私のことを知っておられる。なんで?
よくよく聞きましたら、その方はなんと、自分の知り合いの奥様なんだそうで、これにはほんとに驚いた!
だって、私、そのご主人とは地域の活動が一緒でいっつも言いたい放題、しょっちゅう悪態ついてたんだもんね!滝汗
「えー、そんな、本当ですか?!」
お茶をされてる奥さんがいただなんて、そして、まさか近くにそんな方がいらしただなんてね!二重にびっくり!

 で、お茶の先生の資格も持っていらっしゃるとのことに
「あの、すみません、私にお茶、教えていただけないでしょうか?」
とすかさず言ってしまった。

 そう、足が痛いの、お作法がおぼえられないの、着物姿なんて想像も出来ないの(当時)と一年も続かずに脱落してしまった自分だけど、お茶のことはやっぱりずっと気になってて。
その後、ブロ友のみるく様やそのお友達の桃ママ様がお茶をされてるのにいつも、いいな、またやってみようかな、なんて実はひそかに思ってた。
でも、自分が以前にお世話になった先生のところは遠くて、ちょっと通いきれそうにない。
夏の暑い中での道中が苦痛だったのも続かなかった理由の一つだったから。

「そうよ、あなた、この人にお茶教えてあげてくれないかしら。うちだとちょっと遠いから」
そんなふうに先生も言って下さったものの、
「まさかまさか。そんな、無理無理」
「でも、お作法とかそういうのだけでもぜひ教えてください、私、何も出来ないっていうか、ちっとも覚えられなくて」
そうよ、この人ねー、なんてしょうもない私のことを話しながら、
「お看板を取らせるとか、そんなことは全く考えなくていいの。ただ、こういうところに来たときに困らないように見てあげて欲しいの」
なんて言って下さったものの。
「えー、そんな、先生、私には無理ですよ。人になんてとても教えるどころでない」
なんてな感じ。
急な話ですしね、そんな話の展開は思ってもみなかった、かも。

 だけど、後で考えてみたら、お茶を教える、って大変なことですよね。
なんとか教えてもらえないかなー、ってずっと考えてたけど。
場所は公民館とかお茶室のあるところを借りればいいのかもだけど、お道具とかお菓子とかの用意とか。
せっかくいろいろ考えて工夫して準備して、だのに、私みたいに優柔不断な人間が「習いたい!」って安易に始めたはいいものの、でも、やっぱ、ってなったら…。
自分が通わせていただいてた教室はお茶室のある先生のご自宅で、決して安くないお道具の一つ一つをお借りしてたんだよな、なんて今更になって。
最初から揃えるのは大変だから、と袱紗や、いくつもの懐紙、きれいで素敵な楊枝みたいなのもくださったのに。
私ってばなんにも考えてなかった。
申し訳なかったな。。
そんなふうに思ったら、自分にはそうしてお茶会でお手伝いさせていただくだけで十分すぎること。




水牡丹?、という名前のお菓子だったと思います
とても美味しくて、実は並べながら初めて、食べたい!、と思ったお菓子でした(^^ゞ




 

捨てなくてよかった


 今日も朝から半袖。
お昼に帰ってきた娘がテレビつけたら熊本だったか、
寒い、寒い、寒くてこの秋一番の寒さだとかやっていた。
上着やコートをしっかり着ている人、マフラーしてる人等々がわんさか出てきた後に、
寒いなと思ったけど時間なかったから急いで出てきたらやっぱり寒いです、って言ってた、けっこうな体格の男の人は寒いのと場違いなのとでちょっと気の毒になるみたいな場面づくりされちゃって。
あれ、さっき、スマホで関東の方のブログ見たらそっちも、寒くてヒーターつけた、とか書いてあったな。
ってことは、暑いの、このあたりだけ?
私はもちろん、孫も娘も、子育て支援センターに来てたお母さんと子供たち、職員さん達もみんな半袖で誰も寒いの涼しいの言ってなかったもの、自分だけ限定の暑さ、ってわけじゃないし。

 だけど、午後になって急に涼しくなってきたみたい。
窓を開けて昼寝させてた孫が寒かったのか、いつもより早く起きてしまいました。

 今日は「頼まれ懇親会」(知り合いの方がおつきあいだか強制だかで何枚かの参加券購入、お金はいらないからよければ来て!、ってことで)で夕方から出なければならなくて、着るものにまたしても迷う。
ブラウスにスカート?
いや、場所はホテルだし、やっぱこれが一番無難だよね、と紺の長そでパンツスーツを出して。
中に着るのにたまたま手に取った、何年か前に買ったはいいものの、ぴちぴち(キツキツとも言う)過ぎてこれまで着たことのない、一枚ではとても着てけないカットソーが試しに着たらちょうどよくて、ようやくやっと初めての出番!
やったね、捨てなくてよかった!
だけど、ウエストがゴムなしでちょっとだけ大きい感じでいつも必ずサスペンダーつけて履いてたパンツが、あれ、全然ゆるくない、十分それなしでいけるじゃん…。
おデブになったし、暑くていつもよりガードル履かない時間が長かったからなぁ…。

 外に出たらそれでちょうどいい感じだったのが、帰りは少し涼しいくらいでこの地もいよいよちゃんとした秋かな~。
ひとみの飼育ケースにもヒーターを入れました。

 明日は久しぶりにひとみを小鳥の先生のところへ。
オカメインコのひとみが自由に動けなくなってからもう一年。
この夏のあのひどい猛暑の中でも本当によく頑張ってくれて。
先週はとうとう下血してしまったし、あとどれだけ一緒にいられるかな…。
以前みたいに動ける日はもう来ることはないのだろうけど、それでもすぐそばで見てやれてる分、身近になった。

IMG_0047(1).jpg IMG_0048(1).jpg
先週、撮ったもの ヒーターはまだケースの外です
普通に立つことが出来なくて、常に尻もち状態なんで尾っぽの状態も哀しいことに
くちばしで移動するので床に古タオル、今は周囲にプラスチックの網も入ってます

IMG_0049(1).jpg
闘病生活疲れに加え、カメラマンがあまりにヘボすぎて
ますますブサイク面で発信されてしまうひとみ
ごめんね、この次はちゃんと可愛く撮るからね、カンベンしてね!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

お気楽日記ランキング

御来訪ありがとうございます。
よろしければどちらか、応援のクリックいただけると嬉しいです。('-'*)アリガトsan♪
プロフィール

ahirutouban

Author:ahirutouban
昨日より明日はもっときれいになりたいガーコの日記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも一覧

☆彡LOVE AFFAIR☆彡
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログランキング
ご覧いただき、
ありがとうございます。
とてもとても嬉しいです。
ありがとうございます。
よろしければ、応援の
クリックいただけますと
いっそう嬉しいです。
 八(^□^*)


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村自分らしさ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村乳がん
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村